powered by 画RSS

外国人 分かりやすい!!花魁と芸者の違いを分かりやすく教えてあげる! 海外の反応




ziyi-zhang-wallpaper2.jpgImage form :http://www.geocities.jp/hiroto_leon_back56/ZhangZiyi.htm

浅草

東京都台東区のおよそ西半分を範囲とし、江戸・東京の下町を構成している地域のひとつである。浅草は下谷・本所・深川と並ぶ、東京下町の外郭をなす。概ね東京旧市内で高台に比べ低地を多く占める旧区分を下町としている。そのため旧浅草区に属する浅草地域は下町にあたる。
下谷区との合併後も住居表示導入以前は「浅草○○町」と旧浅草区内大半の町が浅草を冠称していた。区画ごとに住居表示実施による町名変更を行ったため、旧下谷区と旧浅草区との境目を、一目で境目を判別するのは難しくなっている。現在においては町会、警察署や消防署の管轄などで当時の区境や町境を継承している

Via http://ja.wikipedia.org/wiki/浅草



本日は日本在住の外国人が東京の伝統的な文化を海外向けに紹介している動画から
英語コメントを翻訳して海外の反応をお届け致します。
世界の人々の反応はいかがでしょうか?





引用元:The Oiran Tradition: Japan's Real Celebrities ★WAO✦RYU!TV ONLYinJAPAN #30




海外の反応



1.海外の声

これは勉強になるわ、、、




2.海外の声

いつもながら凄く良い動画だな。




3.海外の声

発音は”ah-sock-sah”じゃなくて”ah-sa-koo-sah”だよ。




4.海外の声

日本のこういう珍しい文化もしれて嬉しい。




5.海外の声

情報が詰まってるし、深く知れてうれしい。




6.海外の声

日本語が流暢だな。




7.海外の声

30kgの服か、、、、




8.海外の声

どれぐらいの間、日本を勉強していたの?




9.海外の声

先生、怖いな。




10.海外の声

めちゃくちゃ勉強になったわ。




11.海外の声

どれだけの人が、あの靴で足をくじくだろう、、




12.海外の声

色と模様がとても美しいね。




13.海外の声

長い間、あの靴で歩いても足を痛めないのかな。。。




14.海外の声

素晴らしいな、、、




15.海外の声

首にフェチズムを感じるのは僕だけ?




16.海外の声

今、日本から手に入れたキャンディーを食べているんだけど、
いつか、日本の飴の動画も作ってくれないかな?




17.海外の声

_良いアイデアだね!どんな飴を食べているの?




18.海外の声

_ちょっとグミっぽい奴だよ。




19.海外の声

日本語の発音を上達させたらもっと良いんじゃないかな?




20.海外の声

_分かってるんだけど、中々難しい。
 違う言葉を話していると、日本語に切り替えるのが大変。





芸者、舞妓、花魁など、外国人が間違って映画等になっていることが沢山ありますね。
ではまた!




         

    
関連記事
[ 2015/06/06 17:01 ] 文化 | TB(-) | CM(17)



>首にフェチズムを感じるのは僕だけ?

なかなかわかっとるやないけ。
[ 2015/06/06 17:21 ] [ 編集 ]

SAYURIの詰みは重い…
[ 2015/06/06 17:28 ] [ 編集 ]

舞妓と芸姑の違いならともかく、花魁って。
[ 2015/06/06 17:47 ] [ 編集 ]

実は、花魁と寝るのはとっても大変だったってことも、知ってくれると嬉しいけどな
何夜も通って身代潰すほどの金を落としても、拒否されることもあったし、無理強いは野暮、痩せ我慢がカッコ良いって価値観の世界だったから、多分なかなか外国人には理解されないと思う
[ 2015/06/06 18:07 ] [ 編集 ]

 

英語で言うならhead娼婦ってとこか。
ま、芸者とは違うわな・・
[ 2015/06/06 18:11 ] [ 編集 ]

>舞妓と芸姑の違いならともかく、花魁って。

あいつら日本の着物姿の女性=はした金で性を売り渡す卑しい連中、だと思いたがっているし
忙しいよな、売春は卑しい、女は卑しい、日本人は卑しい、とにかく上に立ちたいが努力はしたくないから、何か理由をつけて相手にはより卑しくあって欲しい
[ 2015/06/06 18:29 ] [ 編集 ]

外国人は、好きなくせに調べないし知ろうともしない
そのくせ知ったかぶりで他人にドヤ顔で教えたりする
[ 2015/06/06 18:56 ] [ 編集 ]

どこかの外国の教諭が「着物は娼婦の衣装だった」と生徒に教えてたけど…。きっと花魁と勘違いしてたんだろうな。
[ 2015/06/06 19:11 ] [ 編集 ]

下町ってのは今の神田までなんだよ。
ちなみに町をマチと読むのがサムライの住む街で、チョウと読むのが町人の住む街。
お寺の金の鳴る時間も江戸城から離れればそれだけ早く鳴ってたんだよ。
[ 2015/06/06 19:39 ] [ 編集 ]

欧州だとコルティジャーナみたいな高級娼婦の文化があったから花魁は理解しやすいかと。

ただ芸者は花魁と混同されやすいからこの手の説明は必要かもね
[ 2015/06/06 19:57 ] [ 編集 ]

まあ、あちらさんは振袖と浴衣の区別も難しいようなので…。俺らがポーランドとハンガリーの民族衣装とか見せられても対して区別つかないのと似たようなもんなんだろ。
[ 2015/06/06 20:17 ] [ 編集 ]

そもそも職種が違うっての日本人でも知らない人は多そうだけどね
成人式の花魁風着付けとかえーと思ってしまった
[ 2015/06/06 20:56 ] [ 編集 ]

区別がつかないのに分かった気になって生徒に教えてるのがねえ(苦笑
[ 2015/06/06 20:57 ] [ 編集 ]

ふつうにそういうのを「誤解」って言うけどね。
[ 2015/06/07 00:50 ] [ 編集 ]

路地裏の薄汚いゆきずり娼婦じゃないからね
オキャクサンはろくに調べもせずに語りたがるし、自分が面白いと思った部分だけあげつらって誇張するから救えない
[ 2015/06/07 04:22 ] [ 編集 ]

アメリカ合衆国の大統領以外は絶対に寝ないのが花魁だって教えてやれよ。
そんな事言ったらモニカ・ルインスキーと同じって言われちゃうかwwww
[ 2015/06/07 05:24 ] [ 編集 ]

>実は、花魁と寝るのはとっても大変だったってことも、知ってくれると嬉しいけどな
>何夜も通って身代潰すほどの金を落としても、拒否されることもあったし、無理強いは野暮、痩せ我慢がカッコ良い>って価値観の世界だったから、多分なかなか外国人には理解されないと思う

どの時代の花魁かによりけりだろうけどね。
後代になるにつれ花魁の格式が下がってくるから。
幕末頃になるともう、しきたりからなにからメチャクチャだったようだし。
格好だけ花魁の姿を取り繕ってる、今で言うコスプレに近い物だったらしい。
例えば、新人に早く客がつくよう、本来なら張り見世の筆頭女郎のための席に
その新人を座らせるとか。
[ 2015/06/07 21:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

         

ブログパーツ