powered by 画RSS

世界最強の一刀両断 日本刀 試し斬り 海外の反応





日本刀の切れ味は、様々な文化の中で生まれた武器の中でも
随一とされています。

海外の多くのコレクターが存在しています。

その日本刀で実際に物を試し切りしているスローモーション
動画がございましたのでここに英語を翻訳して海外の反応を
ご紹介いたします。

リクエストありがとうございました!





・これ本当にやってるの?







・日本刀は本当にこんな感じをイメージしてた。







・アニメを観る必要があるのだろうか?







・花を切る所がやばいな!







・素晴らしい正確さだな。







・僕はマクドナルドのハッピーミールだよ!
 けんかを売られてる!






・花とペットボトルを切っている狙いって何かな?
 太い木を、果物にみたいに切れたらすごいけど、
 花とかを壮大な音楽で切っているのはちょっと変。







_繊細で軽い物程、切るのは難しいんだよ。
 ただ、花が切れるのではなく飛び散るだけになる。







・スイカの美しさといったら。







・シェフが偉大な侍になれるのか、
 侍が偉大なシェフになれるのか。それが問題だ。







・食べ物を粗末にしないで!







・UFC PRIDE BGM








・フルーツ 忍者wwww







・日本刀がベストなんではなかろうか。






・日本刀で切られても血が出ない。







・この動画は素晴らしいという概念を具現化した物だ。







・本当に鋭い剣だね。







・西洋の剣は、鈍器にちかい。
 日本刀は刃物。






・町井さんは現代の本当の侍。







・き、きもちいいい







・あぁ、、、コメント欄の日本語が読みたい。。。








・美しい。私には理解出来る。








・切られた食べ物は、スタッフが美味しく頂きました。
 (日本人)








如何でしたでしょうか。
本当に斬鉄剣の世界です。
これで切り合いをしていたかと思うとゾッとします。
METAL GEAR RISING REVENGEANCEが楽しみです。

ではまた!


         

    
関連記事
[ 2012/12/28 16:26 ] 文化 | TB(0) | CM(153)



卵の亀裂はいびつだが斬り切ったのは凄いな
コーラが逆噴射して水平に飛んでいったのは笑ったw
[ 2012/12/28 17:06 ] [ 編集 ]

最後くっそワロタw
しかし日本刀って恐ろしいな
少し扱いを間違えれば自分の指手足を切断しそうだ
[ 2012/12/28 17:16 ] [ 編集 ]

江戸時代からあった問題だけど
斬ってもしゃあないものでしか試し斬りができないのも空しい話しやね
巻き藁なんかいくら斬れたところで武器としての性能も武人としての能力も
なにひとつ示せないわけで

要は無用の長物に成り下がった刀と剣技が見世物として細々と生き延びてるだけっていう
[ 2012/12/28 17:19 ] [ 編集 ]

素人がやるとどうなるんだろう?
[ 2012/12/28 17:20 ] [ 編集 ]

武士がいた昔はこれくらいでも標準だったのかもな
もっと神業の人がいたにちがいない
スイカなんか切った後もくっついてるような
[ 2012/12/28 17:21 ] [ 編集 ]

切り口がギザギザになっているのはどうして?
[ 2012/12/28 17:24 ] [ 編集 ]

スイカを斬るより花のほうが難易度高いって
想像できないのかね。
[ 2012/12/28 17:26 ] [ 編集 ]

西洋の刀剣が鈍器ってのは間違い、人体に対する切断力は十二分にある
日本刀が実用性を無視して無意味に研ぎすぎてるだけ
どれだけ研いだって金属製の防具を切り裂くことができないんじゃ
耐久性を損なうぶん無駄
[ 2012/12/28 17:32 ] [ 編集 ]

刃物の理屈すら全く理解してないずぶの素人が巻きわら切ろうとしたら、まず切れない
包丁でもはじめて持つような人が野菜切ろうとすると、切るのではなく押し付けるようにする感じになりがち
[ 2012/12/28 17:34 ] [ 編集 ]

もう少し硬い物斬ってくれないと爽快感が無いな
豚足とか牛足とか鳥モモとかをぶった切って欲しかった
まあ中華包丁でいいじゃんっていう話になるんだけど
[ 2012/12/28 17:35 ] [ 編集 ]

この人はホンと間合いがうまいな、切っ先三寸で的確にきっとるわ。
動かない物ではあるが
[ 2012/12/28 17:36 ] [ 編集 ]

極端な話元々人を殺す道具だしな
[ 2012/12/28 17:38 ] [ 編集 ]

町井さんといえば、飛んでるBB弾を居合いで斬ったとんでもない抜刀スキルをお持ちの方。
彼のこの動画は数年前から話題になってる試し斬り動画だけど、
どうして今また話題になってるのだろうねw
まあ、日本刀のスパッと切れる気持ちよさをよく表してる良い動画
だと思いますね。
[ 2012/12/28 17:38 ] [ 編集 ]

※撮影に使った食べ物は、撮影後スタッフが美味しくいただきました。
[ 2012/12/28 17:38 ] [ 編集 ]

>どれだけ研いだって金属製の防具を切り裂くことができないんじゃ
>耐久性を損なうぶん無駄

薄い鉄板程度なら斬れるけどね
ただこれは材料工学的な話で、ぶっちゃけ日本刀じゃなくたって
対象より硬度が高ければただの鉄きれでだって斬ることは可能
ツーハンドソードを使ってプレートアーマーを貫く実験もBBCでやってた

まあ「なんでも斬れる刀」ってのが幻想的なロマンだからこそ
怪しげな「斬鉄剣」の噂が昔から人の口に上ってきたんだけど
[ 2012/12/28 17:43 ] [ 編集 ]

技術的に凄いことは凄いけど、食材やら花やらばかりでなく、どうせなら骨付きの生肉とかぶら下げて斬ってほしいな。

外国の動画でそういうのがあった。
何かの実験か、販売企業の宣伝みたいなもので、西洋剣や日本刀ででっかい肉の塊をぶった切ってる映像を見たことがある。
剣振ってる男は右袈裟に斬りながら左足で前に踏み込んでる完全な素人だった。
[ 2012/12/28 17:43 ] [ 編集 ]

まさにフルーツ忍者w
[ 2012/12/28 17:50 ] [ 編集 ]

食べ物を粗末にするなよ…
[ 2012/12/28 17:52 ] [ 編集 ]

>どれだけ研いだって金属製の防具を切り裂くことができないんじゃ
>耐久性を損なうぶん無駄

西洋の刀剣が日本刀より耐久性に優れる訳では無いぞ
西洋刀と日本刀を鍔迫り合いさせた時、西洋刀が先に刃こぼれしやすい
[ 2012/12/28 17:52 ] [ 編集 ]

名無しさん

日本刀の切れ味が凄すぎるから盾が発達しなかったって説もある。
切っ先が通っただけで足や腕が切断されてしまうから、盾を持つ側の動きが制限され盾自体の重さも加わると対応できなくなるんだそうだ。
剣道だと胴より下は無効だから盾の優位性もあるんだけどね。
[ 2012/12/28 17:53 ] [ 編集 ]

「もっと硬いものや肉を切ってほしい」って人がいるけど、硬いものや固定されたものは、
よい日本刀を使えばずぶの素人でもすぱっと斬れます。刀の重みと刃筋さえ合っていれば。
今回の動画は、町井さんの抜刀スキルの凄さを証明するためのものなので、これで
いいんだと思います。
不安定、転がる、やわらかい、空洞、皮が薄い。これらは、日本刀がもっとも苦手とする分野。
これで、卵が動かず、斬られた花が原形をとどめ落ちていくさまは、その斬撃スピードが
想像を絶するものだと分かりますね。置いた卵を斬るとかもうオーバースキルですw
[ 2012/12/28 17:56 ] [ 編集 ]

竹に藁を巻くとちょうど腕くらいの強度になり
切り落とす事が可能だそうだ。
技術不足の者は試し斬りで竹を入れず藁のみだそうだ。
刀が傷むので。
[ 2012/12/28 17:58 ] [ 編集 ]

この動画で使われている曲名がしりたい
どこかで聞いたことがあるとおもうのだが・・・
[ 2012/12/28 18:00 ] [ 編集 ]

要の東西を問わず刀剣は、あまり実戦では使われなかったみたいだけどね。
格闘全般に言えるけど、創作物なんかで、派手な表現が出来るから誤解が生まれたという話。
[ 2012/12/28 18:02 ] [ 編集 ]

ぬるぽ

打刀の真髄は居合にあると思う。太刀は騎馬戦と弓道の混合だと思う。
[ 2012/12/28 18:04 ] [ 編集 ]

こう言うの見ると、形見で貰った日本刀が益々怖くなる。早く売っぱらって下さい。旦那様
[ 2012/12/28 18:06 ] [ 編集 ]

スイカとメロンを比較して、「値段のせいでメロンの方を薄く切りに行ってるな」と思った俺はどうせ俗物ですよ、ええ
[ 2012/12/28 18:06 ] [ 編集 ]

>この動画で使われている曲名がしりたい
コメントの中に書いてあるよ
http://www.youtube.com/watch?v=SYMGJRHC1uE
たしかに、えらくかっこいい曲だねえ
[ 2012/12/28 18:08 ] [ 編集 ]

転載元には中国系の狂った反日コメントが並んでて萎える
[ 2012/12/28 18:08 ] [ 編集 ]

>>要の東西を問わず刀剣は、あまり実戦では使われなかった

何言ってるんだ? 現代ですらナイフは基本装備だぞ。 Sniperは弓、アサルトライフルが槍や薙刀、刀剣は拳銃と言った具合だ。
つまり野戦が主体でない時代や室内戦闘やCQBなど拳銃や刃物が活躍する場は古今東西多い。
むしろ適材適所を把握してない人に多い意見だと敢えて言っておこう。

日本の場合は太刀(野戦)→打刀(室内戦、遭遇戦)→元込銃の流れ、全てには理由がある。
明治から戦前に掛けては打刀と銃剣の扱いが重要視されたのにも理由がある。
現代で世界中で刀剣が廃れてないのにも理由がある。
[ 2012/12/28 18:09 ] [ 編集 ]

野菜などを乗せている巻き藁ギリギリで切っているのが凄いね
[ 2012/12/28 18:11 ] [ 編集 ]

野菜などを乗せている巻き藁ギリギリで切っているのが凄いね
[ 2012/12/28 18:11 ] [ 編集 ]

日本刀を持った事のある人なら分かるだろうが
日本刀も十分鈍器になる重量があるぞ。
普通に鉄の棒なんだからな。
たとえ防具の部分に当たったとしても
大の大人が渾身の力を込めて打ち込んだら
命に別状は無いってだけで、重傷を負うのは間違いないだろ。
[ 2012/12/28 18:14 ] [ 編集 ]

この人鉄パイプも斬ってたよな
鎧着てても手首ぐらいなら斬り落とせそうな気がする
[ 2012/12/28 18:16 ] [ 編集 ]

 

日本刀に匹敵するともいうダマスカス刀剣は、もう技術が失われてしまった
カーボンナノチューブ構造がカギだったらしいが、100%の復元はまだできていない
日本刀だって、最も切れたという鎌倉時代の古刀技術は途絶えてしまった
いまに残る古刀より後の技術は、せめて、なくならないでほしい
[ 2012/12/28 18:16 ] [ 編集 ]

確かに西洋じゃ用途としては鈍器のような仕様が基本だったろうな
日本に比べて重装な甲冑を着込んでる事もあったし
まぁ一概に西洋刀といってもグラディウスからブロードソード、エストックとどれを指すのか分からないけど
グラディウスなんかは切れ味による殺傷力が賞賛されたな
一応日本刀は重層構造で出来てるから強度でも量産品の西洋刀や軍刀とは違うレベルで高い水準
[ 2012/12/28 18:20 ] [ 編集 ]

>素人がやるとどうなるんだろう?

スイカとかなら砕けるか、花なら押されて落ちるか、固いものなら刀自体が曲がる。
軌道がブレたらあんなに綺麗に斬れない。
スイカやキャベツならまだしもペットボトルとか到底無理。

刀の重みに任せて引き斬るイメージだけどそれが難しい。
素人だとほぼ叩きつける感じになってしまう。斧とか鉈とかの使い方。

>切り口がギザギザになっているのはどうして?

斬れる前に押されて割れるから。
刀自体の厚みがあるから固いものだとどうしてもそうなる。
[ 2012/12/28 18:20 ] [ 編集 ]

>現代ですらナイフは基本装備だぞ。
武器としてじゃないけどな・・・
[ 2012/12/28 18:24 ] [ 編集 ]

切ってる映像は凄いが、動画の編集はヘタクソだな
BGMも壮大にし過ぎて逆に滑ってる感
良い素材をうまく調理できないもったいなさ
[ 2012/12/28 18:25 ] [ 編集 ]

コーラは、口元を切ってほしかったな。
[ 2012/12/28 18:28 ] [ 編集 ]

古代ローマの白兵戦はあのちゃっちいイカしたグラディウスが主役やで
[ 2012/12/28 18:30 ] [ 編集 ]

>要の東西を問わず刀剣は、あまり実戦では使われなかったみたいだけどね。

これって、現代限定で広まってるデマっぽいけどなあ。
最初離れていた敵味方が段々接近して間合いが変化する事によって、使用される武器も切り替わり、
最後には混戦に適した刀も活躍してたと考える事が自然だと思うけどな。
実際、戦国期の合戦図とか、槍も良く使われてるが、普通に刀を使ってる描写をしてるし。
[ 2012/12/28 18:34 ] [ 編集 ]

>これって、現代限定で広まってるデマっぽいけどなあ。
サイドアームだから使ってはいるだろうね。弓矢槍が使えなくなったときの武器が必要だし、集落だと屋内戦もあるしね。
[ 2012/12/28 18:44 ] [ 編集 ]

現代だと拳銃みたいなもんじゃね
最悪自殺するのにも使えるし
[ 2012/12/28 18:51 ] [ 編集 ]

あのお兄さんは大道芸人だけで食っていけそうですね

冗談はさておき、日本刀は武器そのものの重さで斬る様に出来てないから結構難しいんだよね
使った事ねぇけど
[ 2012/12/28 19:00 ] [ 編集 ]

舞い上げられたティッシュペーペーとかも綺麗に切れるんだろうね
[ 2012/12/28 19:02 ] [ 編集 ]

>巻き藁なんかいくら斬れたところで武器としての性能も武人としての能力も
>なにひとつ示せないわけで
そうだな、よって空手の瓦割りも各流派の模範演武も意味が無い
無用な長物となった技術・物と言うなら、戦場格闘技として起こった相撲も見世物にしかなってないよな?


……そんな訳があるかよ
例え試し斬り(割り)がデモンストレーションであろうと、
それを成すまでにどれ程の鍛錬が必要だと思ってるんだ?

剣術に限らず武術に於いて、上達を実感・技術を他者に示せるのは「何かを破壊」する事
時にそれは巻き藁であったり瓦であったり、あるいは試合・決闘での他者の肉体であったりする

誰も傷付ける事無く上達の実感を得られ、他者に知らしめる事も出来る
進化の途上・流儀を他者に知らしめると言う限定付きであれば、試し斬り(割り)は有用なんだよ
[ 2012/12/28 19:16 ] [ 編集 ]

この人ただ乗っけられてるだけのサヤエンドウを台から落とさないで水平に斬ってたりするからな
それだけ斬られたもの自体には力が加わっていない証拠
硬いものを切るよりずっと難しいよ
[ 2012/12/28 19:16 ] [ 編集 ]

>これって、現代限定で広まってるデマっぽいけどなあ。
>最初離れていた敵味方が段々接近して間合いが変化する事によって、使用される武器も切り替わり、
>最後には混戦に適した刀も活躍してたと考える事が自然だと思うけどな。
>実際、戦国期の合戦図とか、槍も良く使われてるが、普通に刀を使ってる描写をしてるし。

常識で考えればそうなるよなw
[ 2012/12/28 19:17 ] [ 編集 ]

だめだめわんこ

刀が主役で無いというのは、歩兵のもつ長槍による集団戦術こそが古今東西の戦争の基本ということ。

農民兵や傭兵は長時間の訓練が必要な刀に習熟していないし、そうした個別スキルに頼っていては安定した戦力とはならない。
[ 2012/12/28 19:17 ] [ 編集 ]

刃が通り抜けきるまで切られた物が殆ど動かないって凄いなぁ
[ 2012/12/28 19:19 ] [ 編集 ]

ちな古代ローマの戦い方

投げやりを敵陣に投げて陣形を崩し盾を奪います、あとは兵士が盾とグラディウスを手に散開し攻撃します、敵さんアタフタアボーン
重装の槍を主体とした戦い方は都合が悪かったようでこんな感じに、ようは使いようっすね

ただローマには槍兵がいなかったから重装騎兵にはフルボッコ、ようはバランスっすね
[ 2012/12/28 19:20 ] [ 編集 ]

触れただけでも切れそうな凄みが日本刀の凄みだと思うがな
鎧着てても隙間に滑り込まれたら出血でやばそうなところがw
[ 2012/12/28 19:25 ] [ 編集 ]

刀ってかっこいいよねぇ
小さい頃から憧れてたよ
[ 2012/12/28 19:29 ] [ 編集 ]

ああ、ただの試し切りだろ?
なんて軽い気持ちで動画を見たら、美しすぎて見とれてしまったw
こうやって見ると美しいね
刀鍛冶の技、刀を振る人の技、その両方があってできる芸術って感じ

しかし美しいとは思うけど、侍の時代には生きたくはないねw
あんなので斬り合うなんて正気の沙汰とは思えない!
[ 2012/12/28 19:36 ] [ 編集 ]

何かの番組でM2の12.7mm弾を真っ二つにしたのがあったな
流石に3発目位で刃が欠けてたけど
[ 2012/12/28 19:55 ] [ 編集 ]

  

実際昔は違法だけど趣味で持ってる人が弄ってって刀にちょっと触れた程度だと思ったら
指を落としかけたなんって話はざらだったよな
[ 2012/12/28 20:02 ] [ 編集 ]

素人がやるとどうなるか?
降り下ろした時にもれな自分の足もスッパリと切れます。
[ 2012/12/28 20:07 ] [ 編集 ]

たしかにうかつに振り回すのは怖いな
足とか切っちゃいそう
[ 2012/12/28 20:20 ] [ 編集 ]

コンニャクが斬れんってのも
なんとなく判る気がする・・
[ 2012/12/28 20:20 ] [ 編集 ]

>骨付きの生肉
値段高いじゃん
[ 2012/12/28 20:26 ] [ 編集 ]

本当にこんなもので斬り合いなんて恐ろしくて想像もできないわw
ちょっと想像しかけたところで怖さのあまり思考が敵前逃亡
これで相手を倒そうとすると、自分も相手の刃の届くところへ近寄るしかないわけで…
ありえねーよwこわすぎるw
銃での撃ちあいの方がナンボか気分的にマシだ
[ 2012/12/28 20:32 ] [ 編集 ]

>いまに残る古刀より後の技術は、せめて、なくならないでほしい
天ぷらも職人は音で聞いて余熱で仕上げるんだってね
ただしレシピ上では小麦粉付けてみたいなフリッタになっちまう

刀に限らず日本の技術って後世に残しにくいと思う
寿司だってレシピ上は酢飯に魚のせてるだけだし

口伝なんてのも秘伝の意味以上に、こんな事も影響してると思う
[ 2012/12/28 20:38 ] [ 編集 ]

 

>あぁ、、、コメント欄の日本語が読みたい。。。

精神レベルが幼稚化するからおすすめ出来ないな
[ 2012/12/28 20:44 ] [ 編集 ]

うちの実家の蔵にググれば出てくるような結構有名な妖刀があったんだが
親父が死んでからすぐに古物商が来て200万で売ってくれって言われて売った
ネットオークション出せばもっととれたかなー
[ 2012/12/28 20:48 ] [ 編集 ]

日本刀は、韓が発祥!

朝鮮のトンスル刀は、地球を両断?

最高!

[ 2012/12/28 20:55 ] [ 編集 ]


はいはい まいどお馴染み韓国発祥説 いただきました
気がすんだら 母国帰んな
もう 誰もつっこまないから 俺がつっこんでやるよ
気がすんだら 母国かえるんだぞ坊や
[ 2012/12/28 21:02 ] [ 編集 ]

名刀の不在の地

ロケットの発祥も韓だっけ?

飛ばずに地球に激突?

最高!
[ 2012/12/28 21:02 ] [ 編集 ]

>うちの実家の蔵にググれば出てくるような結構有名な妖刀があったんだが
親父が死んでからすぐに古物商が来て200万で売ってくれって言われて売った

勿体ねえ!
もっと高く買う古物商を探せば1000万いけただろうに・・・
200万で買い取るということは2000万の価値がある一品だろう
[ 2012/12/28 21:07 ] [ 編集 ]

>トンスル刀は、地球を両断?

地球より前にモンゴルとか日本とか両断しとけば?
白旗の裁断しか出来なかったんだろ?
[ 2012/12/28 21:12 ] [ 編集 ]

巻藁切り

正式な巻藁というものは竹に藁を巻き付け、一晩革の水に浸して湿らせたもので、人の胴体とほぼ同等な切りにくさのあるものです。江戸時代は処刑された罪人の死体を実際の試し切りに使っていたので、それが分かるのです。
[ 2012/12/28 21:19 ] [ 編集 ]

ペットボトルを斜めに斬るとか凄すぎる!
対象固体の質量を考えても尋常じゃないよ

凄くよく切れる刃物をお持ちの方はぜひ自分の手で試してもらいたい
大抵はペットボトルの途中で止まって飛んでいくから
[ 2012/12/28 21:25 ] [ 編集 ]

>刀が主役で無いというのは、歩兵のもつ長槍による集団戦術こそが古今東西の戦争の基本ということ。
ただしそれは「開けた場所での会戦」が前提条件
例えば山城の攻城戦、木々が密集・乱立する急坂を重い槍を持った槍兵「のみ」で攻めるのか
また、幕末期に代表される市街地戦・屋内戦闘で槍兵のみを投入するのか

応仁の乱以降、足軽・農民兵用に粗悪な「数打物」と呼ばれる日本刀が大量に生産されたと言う史実もある
その結果として農民階層にも日本刀が浸透し、秀吉も刀狩を行って兵農分離を……まぁ、これは余談だがね
ともかく、本当に日本では槍のみが重要視されてたなら数打物は生まれなかっただろうって事だな


>何かの番組でM2の12.7mm弾を真っ二つにしたのがあったな
トリビアの泉か……拳銃弾(.45ACP弾 コルト・ガバメント)は完全に真っ二つにしたんだがなぁ
ttp://www.youtube.com/watch?v=6DLPUnA0qeI

流石に(単純計算で)その35倍以上の威力(運動エネルギー)を持つ、M2重機関銃の12.7x99mm NATO弾相手だとどうしようも無い
それでも6発を両断、7発目まで耐えたのは凄いと思うけどさ
ttp://www.youtube.com/watch?v=dEgLZ-Z2cto


>降り下ろした時にもれな自分の足もスッパリと切れます。
余程のマヌケでも無い限り、自分の足を斬ったりする事は無いけど……
ただ刃筋を立てないで力任せに斬ると、巻藁が相手であっても最後まで斬れず刀の方が曲がる

実際、居合歴(英信流)2年目だった時の俺は曲げちゃったからなぁ
型稽古ではちゃんと刃筋を立てれてるつもりでも、実際にモノを斬ると全然感覚が違うね
初めの頃は、斬り口が「ノ」の字型になったモンだ
[ 2012/12/28 21:38 ] [ 編集 ]

コレクターどころか、作られてる
安い物なら200 USDくらいからある
[ 2012/12/28 21:42 ] [ 編集 ]

馬鹿らしい。スレタイが。
最強などと、矢鱈強くさえあればいいようなセンスして日本文化を語るな。
実に幼稚で未熟だ。
[ 2012/12/28 21:50 ] [ 編集 ]

>もっと高く買う古物商を探せば1000万いけただろうに・・・
流石にそれは無いだろうな、1000万超えとなると大名物の特別重要刀剣 or 重要刀剣レベル
妖刀として最も有名な千子村正であっても、正真・上出来の刀で800~900万位が限度

実際には出来不出来・銘の有無・傷の程度・長さ等で大きな差がある
上出来・銘有の物は納まるべき所(博物館や大手刀剣商等)に納まってるから、200万なら十分だと思う

あと、そのレベルの物はネットオークションでは多分売れない
有名刀剣の贋作がどれだけ出回ってるか……
ピカソやダリの絵がネットオークションに出品されてても信用されないだろ?
[ 2012/12/28 21:57 ] [ 編集 ]

>どれだけ研いだって金属製の防具を切り裂くことができないんじゃ
>耐久性を損なうぶん無駄
鎧を着た敵に対しては「鎧通し」という武器を用いるか、脇の下や股間の隙間に槍や刀の切っ先を差し込み動脈を切るのが正しい戦い方。
そもそも鎧を着た集団戦闘における主戦力は弓矢・鉄砲と槍であって、重い鎧を着たままでは日本刀を自在に振り回せない。
元人斬り剣客が存命中にアドバイザーをした映画「椿三十郎」や「座頭市・第一作」を見れば、軽装での日本刀による斬り合いがどういうものか判る。
[ 2012/12/28 23:09 ] [ 編集 ]

何がすごいって、振り下ろす速さや日本刀の切れ味もそうなんだが、日本刀が対象物に当たる部位が全部一定しとる。
遠心力が一番かかるところで、ずっと切ってるもんなー
[ 2012/12/28 23:10 ] [ 編集 ]

>馬鹿らしい。スレタイが。
動画のタイトルだと思うぞ。
[ 2012/12/28 23:33 ] [ 編集 ]

ごめんよ。日本人のBGMの選曲センスは最低なんだよ。
日本人作成の動画は基本音声ミュートにしておくれ。
[ 2012/12/29 00:22 ] [ 編集 ]

>江戸時代からあった問題だけど
>斬ってもしゃあないものでしか試し斬りができないのも空しい話しやね
>巻き藁なんかいくら斬れたところで武器としての性能も武人としての能力も
>なにひとつ示せないわけで

>要は無用の長物に成り下がった刀と剣技が見世物として細々と生き延びてるだけっていう

新撰組隊士が何を主武器としていたのかも知らない朝鮮人か
[ 2012/12/29 00:23 ] [ 編集 ]

 

適材適所を理解しない者が武器を語る姿は酷く滑稽だ。
[ 2012/12/29 00:27 ] [ 編集 ]

戦の武器の花形は槍と薙刀。刀は室内とか持ち歩く為の武器です。乱戦になるような雑兵が持つのは刃引して無い刀です
[ 2012/12/29 02:15 ] [ 編集 ]

●日本人なら常識だと思うが・・・

「大きな肉を切って欲しい」
「無用な切れ味」
とか言う何も解らない子って、どこにでも居るよね・・・

まぁ・・・日本刀を持った事もなけりゃ、イメージ・解析の出来ない子も底辺には多いわけだからしょうがないけど・・・日本人なら、一生に一回は一級品の大刀を持ってみろ。 魂が吸われる様な、強烈な感覚を味わえるぞ。

大きな物を斬った方が・・・みたいな意見は、ちゃんとした反証がどこにでもあるんで、学ぶ能力のある子は気が付くだろうけど、この切れ味が「無駄」みたいな意見を書く子って、想像力がないんだろうね・・・悲

●剣道とは全く違う、「真剣」での戦い。

多分、映画やTV何かのチャンバラの世界だと思ってんだろう。 実際の斬り合いって、皮膚に入る部分をちょっとナメただけで致命傷になる。 まず、それが大事・恐怖。 武具の上から叩いて突いてして、「性能」を確かめてる動画とかは、「子供の疑問」に答えてるだけで、「実務」としての意味はない。

斬れる内は、急所のナデ合い。 切れなくなったら、突き・殴り合い。 それが実戦。 武道でも同じだが、大体が蹴りでも「突き」系から入る。 最も避けにくいからだ。 刀戦でも、突きからナデ切り防御の型で、急所を擦るように間合いを計る。 「そうならざるを得ない恐怖」ってのは、実際にやってみれば誰でも解る。 日本人なら是非、経験して欲しい。
[ 2012/12/29 02:20 ] [ 編集 ]

最高じゃねぇかこのBGM
これ聞きたいが為になんどこの動画再生したことか
勝手に意味不明な謝罪してるカスは見るなボケが
[ 2012/12/29 04:10 ] [ 編集 ]

死刑囚を刀で好きに切る事が出来る法律できねーかな
[ 2012/12/29 04:59 ] [ 編集 ]

花が全く撓んでいないのが凄い
卵も固定されてないんだろ?
[ 2012/12/29 05:09 ] [ 編集 ]

カメラもすごいんだけどね
[ 2012/12/29 06:58 ] [ 編集 ]

鉈の重さに剃刀の切れ味って、比喩じゃないんだなww
フワフワの花とか卵の殻をスッパリ切りきってるのがすげえわ
無論腕も凄いわけだが…
[ 2012/12/29 07:05 ] [ 編集 ]

剣術師範の俺から言わせてもらえばこの人のは曲芸の類
止まってるモノを斬ってる割には切り口が歪み過ぎで、これは刃筋が立っていないという事
剣術と居合の違いなのか肩が力み過ぎかなとも思うし実戦では役に立たない芸だ
[ 2012/12/29 07:37 ] [ 編集 ]

ネット剣術家の多い事多い事。
言ってる事は、どっかのアクション漫画と同じって言う。
[ 2012/12/29 08:16 ] [ 編集 ]

通信講座の剣術師範か?
[ 2012/12/29 08:46 ] [ 編集 ]

>刀は室内とか持ち歩く為の武器です。

平時なら兎も角、戦時は槍も刀も持ち歩く為の物だが。

>乱戦になるような雑兵が持つのは刃引して無い刀です

刃引きって、刃先を砥石等で少し削って、切れにくくする事だよ。
つまり「刃引して無い刀」って、普通に切れる刀って事だけど、意味が分かってる?
[ 2012/12/29 09:03 ] [ 編集 ]

 

> ・花とペットボトルを切っている狙いって何かな?
> 太い木を、果物にみたいに切れたらすごいけど、
> 花とかを壮大な音楽で切っているのはちょっと変。

花みたいに軽くて繊細なものほど、こういうふうに断ち切ることが難しいのに
なんでその程度のことすら判らないのだろう?

海外にも朝鮮猿みたいに知能の低い人がいるってことなのかな?

[ 2012/12/29 09:53 ] [ 編集 ]

斬鉄剣の世界?意味合いちがくね?
[ 2012/12/29 11:54 ] [ 編集 ]

剣を押しこみつつ引き戻すように振り抜くバランスがいい。
[ 2012/12/29 12:09 ] [ 編集 ]

ネットでぐだぐだいうだけなんだよな。

実際にやってみてくれ。
[ 2012/12/29 12:54 ] [ 編集 ]

日本刀の凄い所
固いのも柔らかいのも、スッパと切れます
って所だろうね。
無論、技術とか必要だけど
[ 2012/12/29 13:51 ] [ 編集 ]

日本刀で斬る時は、刃が対物に当たる瞬間にふっと力を引く
するとスパッと斬れるそうで
もしそのまま力任せで行こうとすると、ばいーん!と跳ね返されるだけだそうです
お試しあれ
[ 2012/12/29 14:24 ] [ 編集 ]

試し切りに死刑囚を使わせてあげるって国から言われたらやりたがる剣術家っているかな?
[ 2012/12/29 17:47 ] [ 編集 ]

>もしそのまま力任せで行こうとすると、ばいーん!と跳ね返されるだけだそうです
余程じゃないと跳ね返りはしないよ、中程まで斬れても食い込んで止まったり、
刃筋が狂って(斬る対象物に押され)刀の横方向からの力が加わって、刀が曲がったりはするけど
あとは、斜めに斬るつもりだったのに思った以上に水平方向に近付いて斬れたりとか


えっとね、右手を力一杯握って斜めに振り下ろしてみて
小指が左側に・親指が右側にと「手首が返ったり」しない?

そうするとさ、刀の刃筋が「/」方向から「─」方向に変わって行く
結果、巻藁とかの斬り口も「ノ」の字型になったりするんだ

跳ね返るとしたら、巻藁と刀が接触するまでに手首が返り過ぎて、
「|」の巻藁に対して刀が「─」に向いちゃってる場合かな
それでも完全に跳ね返るんじゃなく、食い込んで止まったり表面で滑ったりするだけだとは思うけど……
刀を傷めそうだから、流石に俺は自分の刀で試す気にはなれないなぁ


と言っても、一般的な(少なくとも俺が学ぶ英信流での)「腰と左手で斬れ」ってのに対し、
示現流では「右手で斬る」らしいからなぁ

示現流の術理に詳しい訳じゃ無いから何とも言えんが「力任せに斬る方法」もあるんじゃね?
[ 2012/12/29 22:52 ] [ 編集 ]

こういう場に必ず現れるネット剣術家とかぬかすアホ
まあこの人身体運用という意味ではそれほどレベル高くないよ
まだまだ力任せに振ってるし、なんか意味もなく表情作ってるし
[ 2012/12/30 00:12 ] [ 編集 ]

 

意図は理解するが、やっぱり花がかわいそう。生きてるのに。
[ 2012/12/30 01:28 ] [ 編集 ]

次は西洋の武器で
[ 2012/12/30 09:28 ] [ 編集 ]

 

鎧を着ていたら~ というコメントがあるがそれについて一言だけ。

鎧・甲冑を付けて闘っていた戦国時代には、日本刀も片刃ではなく蛤刃。
そうなると、切れ味は片刃に比べ劣るが、甲冑を叩き割れる重さと耐久力があるんだそうな(場合によっては更に刃引きして、打撃用の武器としていた場合も)
江戸時代以降、甲冑を着けて立ち会う機会が減ったことや、取り回しの良さから切れ味を追求して現在の片刃(打刀)になった。

しかしながらその蛤刃の太刀でも、切れ味は西洋刀剣に勝るものであるし。
日本刀の良さ、というのは。「折れず・曲がらず・良く斬れる(まぁ現実に折れるんですが)」が高いレベルで70~80cm・850~1400gの中に集約されていることだと思います。
仮に同じ長さ、重さの西洋刀剣と比べるなら、そう劣ったものじゃないと思いますがね(鎧を叩き割る勝負なら、野太刀あたりじゃないとそもそもフェアな条件じゃない)。

米:
片刃ってのは峰に刃があるものでなく、和包丁のような刃の断面が『レ』のような構造。打刀と呼ばれる。
蛤刃ってのは鉈のような『V』のような構造。太刀と呼ばれる。
[ 2012/12/30 18:28 ] [ 編集 ]

やっぱり昔の武士が刀と刀で戦ってきた精神って尊敬するわ。
剣豪って言われる猛者達って相当にすごいよね
[ 2012/12/30 18:59 ] [ 編集 ]

>取り回しの良さから切れ味を追求して現在の片刃(打刀)になった。

突っ込んで悪いんだが、日本刀の類で片刃なのは、短刀位なもんだよ。
[ 2012/12/30 20:07 ] [ 編集 ]

まだ指摘し忘れてたけど、

>蛤刃ってのは鉈のような『V』のような構造。太刀と呼ばれる。

普通、鉈は片刃だよ。
それに「『V』のような構造」だと、単なる『両刃』の『平造り』でしかない。
『蛤刃』は両刃で、その断面が蛤の殻の様に、刃のラインが曲線になっていて、ずんぐりした感じになってる物の事。
[ 2012/12/30 20:16 ] [ 編集 ]

 

やっぱ花がすごい。なんというか、命が散る感じだのw
[ 2012/12/31 05:09 ] [ 編集 ]

片刃云々って話しなら、小烏丸って具体例を出せば良いじゃない。
アレ以外で両刃ってあんまり見た事無いけど。(草薙の剣なんかは刀じゃ無いし)

しっかし、ほんの200年そこそこ前の京都では日夜振られてたんだよなぁ。
あんな凶器と対峙して切りつけられたらと思うと生き抜く自信無いわ。
そりゃちゃんと道場行って免許皆伝とか貰ったと仮定しても、
相手が強くて、ちょっと手足かすっただけでスッパリ肉を切り裂かれるんだからたまった物じゃない。
子供の頃に鉈で指をバッサリ行ったけど、刀だったら今頃指一本無いんだよな…。(それでもかなり抉ったよ)
[ 2013/01/01 20:00 ] [ 編集 ]

 

最後の剣客と言われた榊原鍵吉は明治半ばの頃天覧兜割りを行って見事兜に切り込んでるからな。当時50歳半ばを越えてたはず。真に持つべき者が持てば鉄をも切り裂くことは可能なんだろう。…腕周り55cmとかいうとんでもない身体の持ち主だったそうだが。
[ 2013/01/02 16:12 ] [ 編集 ]

へぇ~、こんな事やれる人が他にもいたんだ~…
と、思ったら全然他の人じゃない、いつもの町井館長だったw
時速数百キロのBB弾をかち割れる人だもの、この程度造作もなくやるわなw
[ 2013/01/02 19:53 ] [ 編集 ]

まさにルパン三世の五右衛門の持つ斬鉄剣な動画
[ 2013/01/02 22:51 ] [ 編集 ]

真剣白刃取りとか正気の沙汰じゃないね。w

幕末では鎖帷子で身を固めたそうだけど、実際どの程度守れたんだろうね。
鉄を切る事もあったそうだし、気休め程度なら寧ろ着ない方が動き易かっただろうし。
沖田みたいな天才とされる剣士なら討ち入りも程よい緊張感で楽しかったんだろうかな。
[ 2013/01/03 03:37 ] [ 編集 ]

デビルメイクライのCM思い出した
[ 2013/01/03 15:12 ] [ 編集 ]

長距離弾道ミサイルとかも見事に斬ってみせて欲しいわw
[ 2013/01/05 04:28 ] [ 編集 ]

跳んで来る玉斬るとか意味が分からないんですが。
[ 2013/01/05 15:51 ] [ 編集 ]

> 片刃云々って話しなら、小烏丸って具体例を出せば良いじゃない。
> アレ以外で両刃ってあんまり見た事無いけど。(草薙の剣なんかは刀じゃ無いし)

ここでいう「片刃・両刃」は、断面の違い。
Vの字になっているのが両刃 (刃金が中央にある) で、
レの字になっているのが片刃 (刃金が平らな方の片側に寄っている)。

同じ言葉に2種類の意味があるのね・・・。
[ 2013/01/05 19:37 ] [ 編集 ]

江戸時代の日本刀は斬るのが基本だろうけど、それ以前の刀(特に野太刀)は、鈍器+刃物っていう洒落にならんものに見えたな。
叩きつけて骨を折って、引く力で肉を切り裂く……みたいな。
刀剣系を飾っている博物館で現物を見たら、同じ感想を持つ人が多いと思う。
[ 2013/01/08 18:17 ] [ 編集 ]

> 日本刀は、韓が発祥!

確か、韓国人が自信満々に「これが証拠だ!」と出して来た資料には、倭刀って書かれてたんだっけ。
[ 2013/01/08 18:19 ] [ 編集 ]

花を完全に切る映像は本当にゾッとした。
相当、振り抜きのスピードが速く、力も抜けてないと
ああ綺麗には切れない。
[ 2013/01/09 07:43 ] [ 編集 ]

日本刀は美しい。切れ味も凄い。
[ 2013/01/15 02:39 ] [ 編集 ]

巻き藁なんか斬っても意味ないとか言ってる奴いるが
竹に藁を巻いた状態が人間を斬るときの感じにいちばん近いから
昔から使われてきたわけで

[ 2013/01/15 07:26 ] [ 編集 ]

>最高じゃねぇかこのBGM
>これ聞きたいが為になんどこの動画再生したことか
>勝手に意味不明な謝罪してるカスは見るなボケが

お前エスコンみたいな厨房ゲーム好きなタイプだろ
[ 2013/01/16 03:34 ] [ 編集 ]

なにせ、死体とはいえ、使い手の腕もあったとはいえ、人の体七体分を両断した業物もあったそうだからね。
日本刀、恐るべし。
[ 2013/02/08 04:36 ] [ 編集 ]

伝家の宝刀、というだけあって戦でも貴重な刀をつぶさないように専ら量産品を使ってたっぽいけどね
西洋剣や中国刀は刃が潰れても鈍器的な運用でいけるが、日本刀は切れ味なくなると致命的に威力が下がる欠点がある
[ 2013/02/17 15:27 ] [ 編集 ]

どっかの国の人が、日本刀・西洋刀の鎧に対する切れ味対決してたの見たことある
どこまで信用していいのかはわからないが、その日本刀、
革式鎧はぶった斬るわ西洋鎧には刺さるわで凄かった
[ 2013/02/18 03:21 ] [ 編集 ]

こんなので戦国時代は戦争やってたんだろ?怖すぎるわ。
[ 2013/03/01 21:36 ] [ 編集 ]

>幕末では鎖帷子で身を固めたそうだけど、実際どの程度守れたんだろうね。
>鉄を切る事もあったそうだし、気休め程度なら寧ろ着ない方が動き易かっただろうし。
>沖田みたいな天才とされる剣士なら討ち入りも程よい緊張感で楽しかったんだろうかな。

新撰組とかは鉢金だけで兜かぶらない描写あるしな
まあ、ボクサーもパンチのポイントずらしたり
凸で受けたりたやすいけど、現代じゃ書跡から妄想するぐらいしかできないしな。
[ 2013/03/03 05:42 ] [ 編集 ]

ハンバーガーってけっこう難しそうな…
包丁で切る時は刃焙るとバンズもスッパリいくけど
[ 2013/03/29 19:58 ] [ 編集 ]

花の切れ方に笑ったw
どういう腕だよwww
[ 2013/03/31 01:52 ] [ 編集 ]

  

生麦事件の時でも馬上の外人を下から侍が切り上げて、横腹から腸がはみ出るほどの傷を負わされた。
腸を押さえながら逃げたが最後は追いつかれとどめをさされました。
他にも重傷者が出ましたが、腕が皮一枚でぶら下がっている状態だったり、とにかく日本刀の
切れ味は凄まじく、西洋人を驚かせました。  おかげで幕府は莫大な賠償金を払う羽目になり
(当時の軍艦4隻買える程だそうです。金箱200箱という莫大さですね。薩摩は賠償拒否して
薩英戦争となり、薩摩も英国もお互い相手の強さが分かりこれ以降仲良くなっていくという不思議な
展開で倒幕に至ります。)しかしイギリス人一人当たりの金額が実に莫大で、まあ当時の白人達の
傲慢ぶりが良く分かります。 泣く泣く払った幕府には同情します。 
こうした事態の積み重ねが日本に国際社会でものを言うのは力だと確信させたのでしょう。
[ 2013/03/31 01:56 ] [ 編集 ]

ルパンの同僚の五右衛門が持つ斬鉄剣じゃないけどオートバイとか自転車を
スパッと切断することはさすがに無理なのかな?
[ 2013/03/31 04:25 ] [ 編集 ]

つまらないものを切るな。
[ 2013/04/02 15:12 ] [ 編集 ]

舞わせた紙を切ることができたら認めよう。
[ 2013/04/08 09:59 ] [ 編集 ]

アニメの解説を見過ぎてわけわからんこと言ってるの多すぎでしょw

日本刀は別に切れ味だけのもんじゃなくって鈍器使用すると峰打ちになんのやがな
鈍器ってもまともに入ったら手足折れるし頭蓋骨やられたら死ぬかんね

それと、外人って日本刀を実見したことないやつばっかで、単に機能的な問題じゃなくて
構造的なつくりがもう西洋剣とはまったくの別物だと理解できてないから、日本人が
突っ込むならそこ突っ込んでやれ
西洋の剣をいくら研いだって刃こぼれするだけで日本刀のように切れる剣にはならんのよ
[ 2013/04/11 16:50 ] [ 編集 ]

卵を切った動画は。「アレ?」って思っちゃった。
別の人の居合いでは、「卵の殻が割れずに、そのままスッパリ切り取られてた」からなぁ。町井さんよりもその人の腕の方が良かったのかな。
[ 2013/04/11 16:51 ] [ 編集 ]

名無し

切断面がギザギザしてるのは刃が細かい鋸状になってるからだろ
斬れ味が落ちるのはその目が詰まるか潰れるかするのが原因だしー
[ 2013/04/12 02:52 ] [ 編集 ]

秀吉の朝鮮出兵で、日本の武士が日本等で暴れまわったせいで、明が正式に日本刀を採用しようとしたけど財政難でやめたんだよな
[ 2013/04/13 15:44 ] [ 編集 ]

No title

日本刀って力まかせでは切れないんだよね
そして、よく切れるという名刀の刃はカミソリみたいで
指先に這わしただけでも怖い感覚だよ
ギザギザした刀もあるようだし、日本刀も作る名匠によっていろいろだよね
[ 2013/04/16 20:08 ] [ 編集 ]

以前から思ってたんだが、飛んでくる弾を斬れたところで二つの弾の欠片が身体に突き刺さって死ぬんじゃね?
[ 2013/04/16 21:32 ] [ 編集 ]

室町時代の刀で同じ事をやって欲しい、刀の切れ味が全く違うと聞いている。
[ 2013/04/18 15:34 ] [ 編集 ]

映像はすごいけど、何だよこの気持ち悪い音楽..
まるでどうだ凄いだろって思わせるような音楽って感じだわ
[ 2013/04/18 15:36 ] [ 編集 ]

サーカスに入れば食うのには困らなそうだな
[ 2013/04/22 18:06 ] [ 編集 ]

~日本刀のすぐれていることは十分一般に知れ渡っているので、私が特別にそれについて話すまでもないことであろう。~

オランダ商館長メイランの著書『日本』より


昔から日本刀が優秀だとヨーロッパでは知れ渡っていたようですね。
[ 2013/04/23 16:24 ] [ 編集 ]

なんで一知半解で断言口調のやつが多いんだろうな
「鉄鎧には無意味」とか論外
相手が鉄鎧なら逃げればいいし騎馬でくるなら槍だろう
どうしてもフルプレートアーマー相手にその場で刀で戦わなきゃならないとしても(どんな状況だw)
峰か脇差を選択するのが自然だ
古今東西、鉄鎧着込んだ相手見て「両断しなきゃ勝てない><」と思う兵はいねーだろw
[ 2013/04/23 18:10 ] [ 編集 ]

つまらぬ物を切りすぎ
[ 2013/04/25 22:56 ] [ 編集 ]

編集が下手、途中で飽きた

この映像どうみても名売りが目的w
[ 2013/04/30 21:01 ] [ 編集 ]

腕が悪いのか、刀が悪いのか(たぶん腕だろうけど)切り口が汚いものが多い。

スイカとかメロンとかもっときれいにスパッと切れてる映像を見たことあるんで。

雑念が多いんじゃないかなw
[ 2013/05/03 02:34 ] [ 編集 ]

鎌倉 室町期の古刀は技術じゃなく材料が枯渇したので再現できない。いい加減がくしゅうしろよ。
[ 2013/05/07 22:38 ] [ 編集 ]

黒田鉄山見た後にこの兄ちゃん見るとその辺歩いてるただのホストにしか見えない
[ 2013/05/09 20:31 ] [ 編集 ]

この人結構メディアに出てる目立ちたがりの人だけど
日本刀の腕は相当レベル高いと思う
[ 2013/05/15 18:00 ] [ 編集 ]

他はできると思うが
卵を切るのだけは真似できないと思った
割るんじゃなくて切ってる・・・
[ 2014/12/20 20:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jipangnet.blog.fc2.com/tb.php/199-49628ad6


         

ブログパーツ