powered by 画RSS

アニメが字幕無しで観られるようなる!! 外国人の為の日本語レッスン 海外の反応




f4bffe0d.jpg




日本人は外国語の勉強、とりわけ英語の勉強は学校で、
様々な教材で勉強しています。

本日は外国人の為の日本語講座に対する海外の反応を
ご紹介いたします。




・二回観たら、学べる気がする。ありがとう。








・ローマ字読みも、一緒に書いてくれたら、この動画はもっと
 良くなるのにな。SAYONARAとか。でも良い動画だよ!








・フランス語に詰まってしまって、いま日本語を勉強してる。
 日本のクリエイティビティに興味が有るからね。








・絶対これじゃあ分からないと思う。。。








・これを続けたら、ナルトを英語の字幕無しで分かる様になるんだね!








・アリガテュオ








・この女性かわいいな! ありがとうございます!








・オランダ語、ドイツ語、英語、そして日本語を習得中。








・あぁ 彼女が私の個人教師だったらなぁ。
 すぐ流暢に話せる様になるだろうな。
 そして、アニメを字幕無しで観られる様になる。
 さらには、初音ミクが何と言っているか理解出来る様になる。








・アニメ以外に日本が生み出しているものを君は知っているのか?汗








・アレガトー








・わお すでに僕が今までで習って来た日本語よりも多くの事を五分で学べた。
 日本だとこんなに早く学べるの?








・素晴らしいね!毎日みよ!








・この女性は素晴らしいね。 いままでずっと日本語の先生を探してたんだ。








・日本語の発音をローマ字で書いてくれたら完璧ななのに。








・いい先生








・僕のもってるテキストブックより遥かに筋が通ってる。








・日本に滞在するのがもっとも近道だよねぇ。。。








・でも意外と外国人どうしで固まって、勉強に成らないってオチ。








・難し過ぎる〜








・もし実際に日常で使ったりする程に記憶したいなら、
 ぎこちなさがなくなるまで反復練習するのが良いと思う。








・会長はメイド様。








・アニメと日本の文化が僕をここに連れて来た!








如何でしたでしょうか?
改めて、日本語を英語で勉強すると、
不思議な気分に成ります。

ローマ字表記をとの意見が多数みられましたが、
ローマ字表記と、日本語が単語、文になったときの発音が
厳密には違う事から、敢えて表記しなかったのではないでしょうか。

ではまた!

         

    
関連記事
[ 2013/03/09 16:36 ] 文化 | TB(0) | CM(32)



アニメはともかく初音ミクは難しいぞ
日本人でも字幕がないと何歌ってんだか分からん時あるし
[ 2013/03/09 17:01 ] [ 編集 ]

オタクパワーはすごい
苦行も苦にならないからな
[ 2013/03/09 17:14 ] [ 編集 ]

マンガやアニメをもっと広めたいのなら字幕や吹き替えなどのサービスを国を挙げて行わないといけない
自民党には期待しているよ
[ 2013/03/09 17:17 ] [ 編集 ]

アニメの英語字幕で英語勉強してるからなんとも言えんな
語学の勉強に役立つよねアニメ
[ 2013/03/09 17:19 ] [ 編集 ]

らきすたの英語吹き替え版は聞き取りやすくて何となく英語学習に役に立った気がする
細かい所は現地仕様(北米)に合わせてセリフ変更してるところもあるけど
日本で放送してた日本語版を何度も観てる人は字幕無くても英語のセリフが判るはず
[ 2013/03/09 17:39 ] [ 編集 ]

英語の発音をカナ表記にするようなもんだから無くて正解
つか、字幕なしのアニメって割れの事か。クズだな
[ 2013/03/09 17:54 ] [ 編集 ]

ローマ字読みの日本語→通じる
カタカナ読みの英語→通じない
不公平だよ。
[ 2013/03/09 18:15 ] [ 編集 ]

ローマ字で教えたときの弊害は発音がガタガタになること
「お」は「おう」になるし「こんにちは」は「こにちわ」になるわけ
[ 2013/03/09 18:16 ] [ 編集 ]

おばちゃんの服見てゼンジー北京を思い出した。おばちゃんいい声だな。
[ 2013/03/09 18:17 ] [ 編集 ]

「こんにちはございます」等が存在しない事にも触れて欲しかったけど、煩雑になっちゃうよな。
[ 2013/03/09 18:57 ] [ 編集 ]

アニメ好き外国人は絶対日本語を勉強すべき。例えば「私」という言葉は英語で「I」だけだが日本語では「わたし」「わたくし」「俺」「俺様」「僕」など各キャラクターの性格があらゆる日本語によって表現されている。日本語をマスターすれば見る作品の評価は数倍になるはず。
[ 2013/03/09 19:02 ] [ 編集 ]

MTGの英語はなぜか読めるしな
[ 2013/03/09 19:03 ] [ 編集 ]

洋楽を辞書片手に一生懸命翻訳するのと一緒だよね
好きだから苦にならないし勉強にもなる。とてもいいことだと思う
[ 2013/03/09 19:10 ] [ 編集 ]

 

>2013/03/09 19:02
外人コメでたまに「女なのになんで「僕」と言ってるの?」というのを見かける。
あっちの人には基本からはずれたらさらに難かしそうだね。
英語で答えるのが難解そうなので、スルーするけど。
英語のヘイ、ガーイズと言うのが男女の集団でもさらに女だけの集団にもそう言うのは、
逆にオレはわからんけど。
[ 2013/03/09 20:15 ] [ 編集 ]

やうまみ
[ 2013/03/09 21:48 ] [ 編集 ]

キモオタ外国人に好かれて喜ぶ日本のネトウヨw
風貌は似ていそうだが、年齢は後者の方が倍くらい高そうだ
[ 2013/03/09 21:49 ] [ 編集 ]

猿が喋った!
[ 2013/03/09 22:10 ] [ 編集 ]

外人って日本のアニメ・マンガにしか興味ねぇよな。
たまにお前ら日本バカにしてんのか?と思う事がある。
[ 2013/03/09 22:52 ] [ 編集 ]

日本に滞在しても外人同士でつるんで日本人の悪口言うか
海外かぶれで一緒に日本の悪口言ってれば先進的と思ってる馬鹿とばかりつるむから
変な日本語しか覚えないし平気で思い違いしたまま自称日本通になって嘘ばかり垂れ流す
無理しないで自国でキモいアニメばっか見てブヒってればいいよ
[ 2013/03/10 00:33 ] [ 編集 ]

「うまみ」 に見えて
うーまーあーじーって言いそうになった
[ 2013/03/10 00:40 ] [ 編集 ]

教えるときは、日本語を安直にローマ字にしないようにしてるわ。
例えば「更新」だと、文章では「koushin」でいいけど、日本人は「kooshin」と発音してる。
厳密にはIPAとの併記がいいと思う。
[ 2013/03/10 00:54 ] [ 編集 ]

>・この女性かわいいな! ありがとうございます!

可愛い女性がどこにいるんだ?
[ 2013/03/10 01:27 ] [ 編集 ]

海外は公式がキモイ。
日本はヲタがキモイ。
[ 2013/03/10 01:28 ] [ 編集 ]

あう
じま

紳士
[ 2013/03/10 04:42 ] [ 編集 ]

>可愛い女性がどこにいるんだ?
恐らく写真の彼女だろw   
それより、>会長はメイド様 は何?そっちの方が気になるぜw
[ 2013/03/10 12:30 ] [ 編集 ]

>外人って日本のアニメ・マンガにしか興味ねぇよな。
>たまにお前ら日本バカにしてんのか?と思う事がある。
んなことないだろ、お前がアニオタだからそういう情報ばっかり入ってくるだけじゃないか?
とりあえず信長ファンがやたらと多いらしいことは知ってる
[ 2013/03/10 15:46 ] [ 編集 ]

知り合いのカナダ人は「ラノベが読める位じゃないとオタとして一人前とは言えない。」
と言っている。
[ 2013/03/10 19:30 ] [ 編集 ]

>>ローマ字で教えたときの弊害は発音がガタガタになること
「お」は「おう」になるし「こんにちは」は「こにちわ」になるわけ

な、なるほど
長年の疑問が解決した
[ 2013/03/10 20:43 ] [ 編集 ]

日本語のアクセントは高低アクセントだからそのへんも教えてやらないと、同音異義語でつまずくんじゃね
[ 2013/03/11 01:05 ] [ 編集 ]

おはよう には ございます を付けてもいいのに こんにちはございますとは
なぜかいわない。自分が外国人の立場になって考えると不思議で難しい
[ 2013/03/12 04:59 ] [ 編集 ]

こんなところに来てまで割れ言う奴って…


初音ミクっつかボーカロイドは曲調や調教具合によってだいぶ変わるから
日本人ですら聞き取れないことだってある、尚更外国人にはハードル高いんじゃ…
[ 2013/03/14 14:54 ] [ 編集 ]

・アリガテュオ
やべえ…超かっけえええええええ
[ 2013/08/24 20:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jipangnet.blog.fc2.com/tb.php/266-5fbf589b


         

ブログパーツ