powered by 画RSS

なんか癒されるわ、、、イタリアの伝統的な散髪風景。なんでシェーバーが二つ?? 海外の反応




sousyogvaiu.pngImage form :動画より


人類平等に必要となるサービス散髪。
本日はイタリアの伝統的な理容室の風景動画から
海外の人々声を翻訳して海外の反応をお届け致します。
世界の人々の反応はいかがでしょうか?





引用元:Old Style Italian Barber - Head Shave and Massage - ASMR Binaural




海外の反応



海外の声

サイタマが次のシーズンに向けてアップを始めたか。




海外の声

_もっと強くなるぜ。




海外の声

_wwwwww




海外の声

_めっちゃ似ているな、、、




海外の声

_ハゲなら誰でもだろ。




海外の声

_ワンパンチをしに行く前だな。




海外の声

めちゃくちゃ上手いカッティング技術だ。




海外の声

この人はヘアカット中毒か、、、




海外の声

この店に行きたい!




海外の声

もうクラフトマンだな。




海外の声

すごく気持ちよさそうだな。




海外の声

なぜかリラックスする、、、




海外の声

なんかムラムラしてきた。




海外の声

髭を剃りたいなぁ、、、




海外の声

なんで日本のシェーバーが必要なの?






なんか見てしまう動画です。
世界のバーバーより
のようなチャンネルがあると思い白いですね。
ではまた!




         

    
関連記事
[ 2016/04/03 21:01 ] 文化 | TB(-) | CM(7)



そうですね!思い白いですね!!!
[ 2016/04/03 21:42 ] [ 編集 ]

日本のシェーバーは優秀ですからね
[ 2016/04/03 21:49 ] [ 編集 ]

右手の指輪は外してほしい。。。
[ 2016/04/04 02:48 ] [ 編集 ]

サッササッサと剃っていってるけど、切れてんじゃねえか。
[ 2016/04/04 03:37 ] [ 編集 ]

ハゲはちょっとしたことで頭に怪我しそうで怖い。
髪の毛による防護は必要だと思う。
[ 2016/04/04 10:29 ] [ 編集 ]

髪の毛ないって寒そう
[ 2016/04/04 15:22 ] [ 編集 ]

そもそも理髪・散髪の商形態化は、日本が始まりなのです。

そもそも、我が日本国において「理髪屋・散髪屋」は少なくとも江戸期には普通に存在し、庶民が普通に利用していました。
『斬るか斬られるか... 』という常在戦場の時代に、刃物を持った理髪師に総てを委ねるという、信用と覚悟在りきの商取引です。

昭和20年8月15日を境に、欧米各国(特にアメリカ!!!)は barber shop.(散髪屋)が庶民の生活に “在るコマーシャル” を急いで始めました。
これは “長期スパンの歴史・文化風習の捏造” です。

だってww、アメリカって普通に【銃社会】ですよ!!?? 。
そんな物騒なアメリカで、
呑気に刃物を持った他人の前に座り、
居眠りしたり出来ると思いますか((((;゚Д゚)))))))!!????? 。
[ 2016/04/05 17:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

         

ブログパーツ