powered by 画RSS

新食感!!割らずに出来るふわとろ卵!! 日本の会社が独自製法で実現!! 海外の反応






プロのシェフが作った卵スムージー?と卵を割らずにそのまま作る事が出来る
機械を開発し、実演している動画をご紹介します。

英語コメントを翻訳してご紹介致します。




・酷く食べたいのだが。。。









・原理はわかるんだけど、意外とみんな作らなかったな。。。









・軽量、サイズを小さくする事がマストだな。









・毎朝、コーヒーと一緒に食べたいわ。









・みんなどんな風に卵食べている?
 これはまだ焼き足りないと思うんだが。。









・焼過ぎの卵ばかり食べている人は、半生を試す事をお勧めする。
 もっと美味しいよ。








・ハサミの方が興味深い。









・これは靴下と何かがあれば出来そうだな。









_ためしてごらん。








_OK!失敗したら狩るからね!








・普通に茹でた方が美味しそうだけどな。。。
 でも、塩とマヨを使い続けるのは体に悪そうだし。。。









・だれもサンプルを食べないんだが。。。










・誰も食べたくないよこれは。。








・たまごっち〜








・まだこれじゃ食べられないよーーー








・素晴らしいアイデア。新しい食法。








・俺は手だけで作れるけどな。








_人間では無理だと思うんだが。。。








・これを観てたとき、なぜか松本人志が食べて、んんっまい!!っていうのを
 想像した。








・割らずにスクランブルできるのは良いよね。








・普通の方がいいわ。





如何でしたでしょうか?
レストランで、デザートとして割られていない卵が出て来て
これだったら、驚きますね。

皆さまはどのような料理に活用しますか?
ではまた!

         

    
関連記事
[ 2013/04/17 16:46 ] 科学 | TB(0) | CM(40)



そのままと言うより温玉のようにトッピングに使えないかと考えたみたいだな。
使い方はまだまだこれからだとも。面白いし、食べてみたい。
[ 2013/04/17 17:16 ] [ 編集 ]

うずら卵用のハサミは知ってたけど鶏卵用のもあったんだな
[ 2013/04/17 17:25 ] [ 編集 ]

全卵をいくつか密閉容器に割って空気を抜いて、それを回して・・・じゃダメなんだろうかね
[ 2013/04/17 17:29 ] [ 編集 ]

空気抜く(真空に近くなる)時酷い事になるんじゃね?
[ 2013/04/17 17:35 ] [ 編集 ]

催眠術みたいな喋り方だなw
味付けて食べてみたいね
[ 2013/04/17 17:43 ] [ 編集 ]

牛丼屋のサイドメニューになるにはちょっと工程が面倒だな
[ 2013/04/17 17:54 ] [ 編集 ]

高齢者の嚥下訓練の食事によさそうだな
温泉卵はツルッと気管に飛び込みそうで心配なんだ
[ 2013/04/17 17:59 ] [ 編集 ]

美味しいのか眉唾
[ 2013/04/17 18:00 ] [ 編集 ]

甘くないプリンだな
[ 2013/04/17 18:05 ] [ 編集 ]

この人の喋り方なんとかなんないのか
[ 2013/04/17 18:09 ] [ 編集 ]

1個しか作れないのに機械が無駄に大きい。
ミキサー型にして縦に卵を10個くらい入れられるようにすれば良いじゃないかな?。
[ 2013/04/17 18:14 ] [ 編集 ]

温度以外に凄いところがない件。。。
この機械なしでも黄色いゆでたまごは出来るし、そもそも回転させるためだけにあの機械に一つずつセットするとかあほらしい。
割る、混ぜる、加熱するまでをほぼ無人でやらないと意味ないだろ。
[ 2013/04/17 18:33 ] [ 編集 ]

そっか生で食えないのが当たり前の国も多いからね
[ 2013/04/17 18:34 ] [ 編集 ]

デモンストレーションのやる気の無さ過ぎ
いいもの作ってもあの営業じゃなぁ
[ 2013/04/17 18:52 ] [ 編集 ]

これを手作りしてる外人の動画あったけどな、手でぐるぐる回す
[ 2013/04/17 18:58 ] [ 編集 ]

最後、ほんとにわくわくしてるのかよ!
って突っ込みたい
[ 2013/04/17 19:00 ] [ 編集 ]

殻を割らずに醤油をかける方法を開発してくれ!
[ 2013/04/17 19:04 ] [ 編集 ]

これ人力では無理な調理法なの?
だとしたら凄いな今まで歴史上の誰も食ったことがないんだな。
[ 2013/04/17 19:29 ] [ 編集 ]

縦に連ねて十連卵にすりゃいいのに。
新しい卵の食べ方の提唱にはなってるけどあまりにも実用からかけ離れてる。
[ 2013/04/17 19:31 ] [ 編集 ]

面白い試みだし研究次第では応用も効くだろうが、このインタビュー受けている人は変えた方が良い。
でも、これって普通に卵を割って撹拌したものを容器に入れて蒸したら同じ物出来ると思うんだけどね。
[ 2013/04/17 19:34 ] [ 編集 ]

語尾を伸ばすな。
[ 2013/04/17 19:41 ] [ 編集 ]

温泉たまごの旨さを外国人にも知って欲しい
[ 2013/04/17 19:48 ] [ 編集 ]

「攪拌機」と「茹で機」が別々になってるのは使い勝手悪そうだな
攪拌とボイルを1つの機械でできるようになればニーズはあると思うが
[ 2013/04/17 20:15 ] [ 編集 ]

 

ニーズあるかなぁ・・・?割ったあとに作ればいいじゃんで解決でしょう
どうしても殻は割りたくない!***万払っても!
なんて何人いる?それだけ作ってこの会社なりたつ?

技術デモにしかなってないと思う
[ 2013/04/17 20:23 ] [ 編集 ]

ストッキングを使ってブンブンゴマの要領で撹拌できる。
反転ゆでたまごの作り方。
手法としては江戸時代からある調理法だね
[ 2013/04/17 20:34 ] [ 編集 ]

基本は油脂を使わないスクランブルエッグなんだろ
機械がどうたら言ってる奴がいるけれど温度や時間が確定していれば
全自動化なんてそこいらの町工場でもできるレベルの話

問題はその利用法と味
この作り方でそのまま食べると素材の味次第になっちゃうから味付けを考えないと売れない気がする
素材の段階で旨味や塩分などの味付けを注入できれば新しい味覚になるかも

[ 2013/04/17 21:07 ] [ 編集 ]

プレゼンしている人がやる気なさそうに見えて台無し。
[ 2013/04/17 21:10 ] [ 編集 ]

え?1年位前、贈答品でこの卵もらったよ?
箱に10個位入ってて、カラメルソースとセットでプリンと表示してあった。
美味しかったし、ご近所にもおすそ分けしたけど好評だったよ。
[ 2013/04/17 23:03 ] [ 編集 ]

甘くするのもおいしそうだけど
出汁とかかけてもおいしそうだよね
[ 2013/04/17 23:43 ] [ 編集 ]

ただの技術者なんだろ。プレゼンはプレゼンの専門にやらせるべきだな
[ 2013/04/18 00:33 ] [ 編集 ]

殻のままってことは、攪拌時に(殻の中の気泡以外)空気が混ざらないことを意味している。
「容器に割って混ぜれば同じじゃん」って言ってるやつはそこのところが理解できてない。

ゆで卵の黄身のモソモソ感が苦手な自分としてはこれの食感は気になる。
おでんに入れるのにちょうど良さそう。
[ 2013/04/18 01:46 ] [ 編集 ]

味がないからスイーツには使い勝手は悪そうだな。あとから味を付けるためにかき混ぜたら食感変わりそうだし。
[ 2013/04/18 02:38 ] [ 編集 ]

ストッキングと60℃で温度管理できる器具があればできる
[ 2013/04/18 02:45 ] [ 編集 ]

おっさんの喋り方がクッソキモイ
[ 2013/04/18 12:22 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/04/18 16:03 ] [ 編集 ]

松永養鶏場
http://item.rakuten.co.jp/yoroegg/c/0000000113/
[ 2013/04/18 16:05 ] [ 編集 ]

特許出願中の温度?
ほえぇ~
[ 2013/04/18 16:40 ] [ 編集 ]

こうなる状態になることが分かって開発してるとしたら凄いな
普通に手でたまご100回振っても中身は変化ないと思うけど
高速回転したらこうなるのか・・・
茹で方が特許みたいだからフードメーカーのオプションで
ついてきそうだな。


[ 2013/04/19 00:59 ] [ 編集 ]

手間とエネルギーを使いまくったら卵かけご飯といわないよね。
なになに?遠心力でまぜて、確認して、十分な温度管理でゆでて、ぴったりの時間鍋からだして、専用のから割り機具をつかって、スプーンでほじくりだして、ご飯の上へ・・・・光熱費・人件費どんだけ~
[ 2013/04/21 10:41 ] [ 編集 ]

調味液につけて1.75気圧で加熱したいね
[ 2013/04/21 17:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jipangnet.blog.fc2.com/tb.php/297-16f3175c


         

ブログパーツ