powered by 画RSS

日本は卵も違うのか。。美味しい半熟卵の作り方。海外の反応




本日は、先日ご紹介した、

新食感!!割らずに出来るふわとろ卵!! 日本の会社が独自製法で実現!! 海外の反応

に関連して通常の半熟ゆで卵を作る方法を紹介している日本人による動画をご紹介します。



英語コメントを翻訳して、
海外の反応をご紹介します。

•なんでこんなに黄色いの?きっとカロチンがたくさん含まれているんだね。。







•マヨネーズ~マヨネーズ~







•僕は五分くらい茹でて、上の部分を割ってティースプーンで食べるのが好き。







•うん、六分がベスト。家の中の温度だったらね。








•背景の音楽で、ドラえもん~ のび太~って聞き取れるんだが?









•なんで、君の卵の殻は白いの?
どんな種類の卵を使ってるの?









•8分で、ハードボイルドエッグを作れるよ!








•この音楽懐かしいなぁ~








•ロシア人が狂った卵のむき方をやってるんだけど、知ってる?








•作ってみた!人生で始めてこんなトロッとした卵を食べた。美味しい~









•なんか、こういうオレンジにならないんだ。。なんで?









•日本は卵もぼくらと違うのか悲









•生で食べても大丈夫なのか?








•何回やっても上手くいかないんだ。。









•気温が違うと変わっちゃうんじゃないかな??









•ラーメンに入ってるのも同じように出来るのかな??








ーいや、あれは味をつけてる。




いかがでしたでしょうか?
半熟の卵はなかなか作るのが難しいですね。。すぐ茹ですぎてしまいます。。

ではまた!
         

    
関連記事
[ 2013/04/21 16:55 ] 食べ物 | TB(0) | CM(71)



海外の卵で半熟はヤバイんじゃないのか?
[ 2013/04/21 17:22 ] [ 編集 ]

こんなもん説明するまでもないんじゃ
[ 2013/04/21 17:26 ] [ 編集 ]

海外のでも半熟は火が通ってるから大丈夫
[ 2013/04/21 17:37 ] [ 編集 ]

赤みがかってるのはそういう色のエサを与えてるから。米のような白い
エサを与えると色は薄くなる。

そして、黒いエサを与え続ければ黄身は黒くなる。
[ 2013/04/21 17:44 ] [ 編集 ]

あの黄色はトウモロコシの色素だが、そのトウモロコシは輸入してんだけどね。当の輸出国じゃ何を食わせてんだろう。
[ 2013/04/21 17:48 ] [ 編集 ]

火が通っていても、温度が低いとウイルスが死なないんじゃあ?
[ 2013/04/21 17:54 ] [ 編集 ]

 

海外のタマゴで生が駄目ってのが良く解らん
流通経路(賞味期間)だって衛生管理だってそこまで変わらないと思うが
産んで二週間後の卵がいつでも店頭に並んでる国なら別だが

つうか半熟タマゴが危険視されて、目玉焼きは危険視されないとか何だって話だわなw
ただのイメージの話、思い込みだと思います
[ 2013/04/21 17:56 ] [ 編集 ]

黄色いの不思議がるの分かる。だってあっちじゃオムレツも白っぽかったりする!逆になに入れてんだろうって疑問になったww
[ 2013/04/21 18:01 ] [ 編集 ]

海外では卵は洗わずに流通されている。
洗わないと殻の表面の皮膜が残っているので細菌が卵の中に入りにくいので腐りにくくなる。
日本では産卵後すぐに良く洗浄してから出荷される。
鶏は卵管が肛門に繋がっている為、卵は糞にまみれていてサルモネラ菌に侵されやすいので、すぐに洗浄して菌を落とす。
その為に、日本の卵は生で食べられるが日持ちはしない。
海外では生で食べるのは危険だが日持ちする。
[ 2013/04/21 18:02 ] [ 編集 ]

卵の表面に黄色ブドウ球菌とかがついてるから危ないんだよ
生卵を普通に割ると殻がつくけど、殻ごとゆでりゃ問題ない
[ 2013/04/21 18:02 ] [ 編集 ]

黄色が濃いほうが物がいいみたいな風潮ができて黄色になるようにしてるんじゃないっけ?
[ 2013/04/21 18:05 ] [ 編集 ]

改行広すぎ
[ 2013/04/21 18:13 ] [ 編集 ]

日本の卵じゃなくて大丈夫か?
[ 2013/04/21 18:20 ] [ 編集 ]

海外はエッグスタンドで半熟卵食うのがデフォじゃないの?
[ 2013/04/21 18:31 ] [ 編集 ]

あの色は餌にパプリカなりなんなり使って色々工夫してるみたいだね
[ 2013/04/21 18:52 ] [ 編集 ]

黄色が濃いのは栄養価が高い証拠だと思っていたが、
単に餌の色の違いか…
コメ欄読むまで知らなかった…情けない
中身の前に殻に雑菌がついてるというのも今知ったわ
みんなありがとよ
[ 2013/04/21 19:02 ] [ 編集 ]

半熟でも君が好き
[ 2013/04/21 19:33 ] [ 編集 ]

思い込みなら問題ないな、ちょっとお前食ってみろよ
[ 2013/04/21 19:34 ] [ 編集 ]

半熟は難しいよな
それこそ秒単位で黄身の状態が変わるから
俺の場合は常温に戻した生卵を沸騰したお湯につけて正確に6分30秒、これが目標だよ
タイマーを使うぐらいが望ましい
[ 2013/04/21 19:37 ] [ 編集 ]

他の人も書いてるけど黄身の色はエサ次第なのでコメを食わせれば黄身も白くなる
しかも販売されているという・・・ ちなみに『米っ娘たまご』という商品です
参考URL→   http://iyoegg.com/blog/?p=23
[ 2013/04/21 19:37 ] [ 編集 ]

いまは黄身がオレンジなのもあれば、白っぽいのもあるよね
[ 2013/04/21 19:53 ] [ 編集 ]

どこでもドア~あったり~なかったり~


なにこれ・・・?
[ 2013/04/21 19:57 ] [ 編集 ]

この半熟至上主義な世の中がわからん
みんなドロンとしたの気持ち悪くないの?
[ 2013/04/21 19:58 ] [ 編集 ]

卵のパッケージ色々読んでみたらちゃんと書いあった。
赤い黄身の方が好まれるんで、飼料に、パプリカとかベニバナ色素とか赤い色をわざと入れてる。
赤色○号とかじゃなく、自然のお花とかなのが、日本の良心かしら。

サルモネラワクチン接種済みまで書いてあったよ。
[ 2013/04/21 20:00 ] [ 編集 ]

海外って言っても国によって違うだろうけど、日本だと生んでから店頭に並ぶまでの時間が短いし、外国みたいに1・2ヶ月も店に置かない、工場ではレーザー殺菌とか最先端の殺菌技術もあるし
[ 2013/04/21 20:14 ] [ 編集 ]

日本はウインドレス鶏舎(日光が当たらない)でもウンコに
サルモネラ菌はいないよね~
[ 2013/04/21 20:31 ] [ 編集 ]

ちなみに半熟卵の殻をむいた後、
醤油+みりん+酒と一緒に袋に入れて1日冷蔵庫で放置すると味付け半熟卵になるよ
ラーメンなんかに入ってる味付け半熟卵はこの手で作ってる
[ 2013/04/21 20:43 ] [ 編集 ]

これは効率が悪い素人のやりかた

1.冷蔵庫から取り出した卵をそのまま鍋にいれる
2.卵が半分ひたるまで鍋に水を入れる
3.鍋に蓋をして8~9分間強火でゆでる
4.卵を冷水に採って終了

ガス圧が高い新鮮な卵でも綺麗に殻がむける
騙されたと思ってやってみるといいよ
[ 2013/04/21 21:40 ] [ 編集 ]

卵は鶏の肛門から生まれますだから殺菌しないと殻にサルモネラ菌が付いているということです
当然殻を割る時に菌も卵に入るので生は危険なだけ、あと実は加熱調理なら冷暗所で卵は3週間近く
保存しておける日本は生で食するから新鮮さと清潔さを重視して餌や薬なんかも与えているけど
海外だと新鮮さもないし生まれた卵を殺菌もしない、生まれたてをその場で食べるなら
菌がついていても繁殖してないから問題ないけど、外人は子の新鮮という概念が甘いから
生卵や生魚なんかは食べれないものだった
[ 2013/04/21 21:45 ] [ 編集 ]

卵の黄身の色が違うのは与えてる餌の違い
与える餌によって緑や赤みたいにほぼ好きな色の黄身が作れる
卵の殻の色が違うのはその鶏次第ってやつだったかな
同じ餌を与えても白を生んだり茶色を生んだり色々
これは自然界で同じ色に統一すると絶滅するからなんだと思う
多様性により生存能力を高めてる
[ 2013/04/21 21:55 ] [ 編集 ]

て言うか子供時代田舎では毎日産みたての卵食ってたんだが
何ともなかったぞ!?・・・
[ 2013/04/21 22:00 ] [ 編集 ]

向こうの卵の黄身の色ってレモンイエローが多いよね。日本のようにオレンジがかってない。
日本の卵が一番
何故かカナダでは賞味期限が1ヶ月近くあって不安になる
そんなに持つもんなの?卵って
[ 2013/04/21 22:02 ] [ 編集 ]

>何故かカナダでは賞味期限が1ヶ月近くあって不安になる
そんなに持つもんなの?卵って

海外の殆どは加熱用だからな、生で食べたら高確率でサルモネラ菌にやられる。
[ 2013/04/21 22:07 ] [ 編集 ]

名無しさん

サンキュ!
[ 2013/04/21 22:26 ] [ 編集 ]

サンキュ!
[ 2013/04/21 22:27 ] [ 編集 ]

米を餌にしている玉子を時々食べるけど、黄身は白っぽいよ。
玉子の黄身ってエサの色みを7回変えて与えたら、はっきり層になって7色の黄身になるんだよね。
[ 2013/04/21 22:39 ] [ 編集 ]

向こうはスクランブルエッグもめっちゃ炒めるし
目玉焼きもひっくり返して両面焼いたりするし
[ 2013/04/21 22:59 ] [ 編集 ]

餌に抗生物質。これ最強
[ 2013/04/21 23:12 ] [ 編集 ]

海外のたまごは日本では賞味期限が切れてるような鮮度の悪いたまごがデフォだからやめとけ
アメリカでたまごご飯食ったときはマジでやばかったわ
[ 2013/04/21 23:31 ] [ 編集 ]

>黄色が濃いほうが物がいいみたいな風潮ができて黄色になるようにしてるんじゃないっけ?

「卵の黄身は黄色いもの」と言う先入観から、黄色くしてるだけだよね
平飼いの鶏の卵は土やミミズや虫など、与える餌以外にいろいろと食べて栄養を摂取しているため、味もよく色も濃いことからそう思い込んでる人が大半
餌に米を多く与えて“白い卵”みたいなものを売ったところもあったけど、客が気味悪がって売れなかったため、パプリカなどを与えてあえて色を付けているくらい
[ 2013/04/21 23:34 ] [ 編集 ]

とりあえず、サニーサイドアップで食べたら危険な国を教えて欲しいわ。GWで出かける前に。
[ 2013/04/21 23:52 ] [ 編集 ]

>海外のでも半熟は火が通ってるから大丈夫

半熟くらいの温度が一番やばいらしいぞw
[ 2013/04/22 00:11 ] [ 編集 ]

>海外のたまごは日本では賞味期限が切れてるような鮮度の悪い

基本的に生食をしない前提の国だから当たり前。
[ 2013/04/22 00:13 ] [ 編集 ]

実は日本の卵が安全なのは餌に抗生物質を入れてるからだよね。
卵の洗浄自体はさほど変わらないし、期限も生食用に短くしてるだけで、期限が切れてても加熱すれば問題ない。
[ 2013/04/22 00:15 ] [ 編集 ]

>アメリカでたまごご飯食ったときはマジでやばかったわ

チャレンジャーだなw
知っててやったのか知らずにやったのかは知らんが。
[ 2013/04/22 00:35 ] [ 編集 ]

オレンジっぽい黄身の色を見たら、日本人は健康そうな卵だと思うからな。
わざわざパプリカをエサに混ぜて濃い色にしてるというのに。

アメリカの卵は、まずパックの中身が割れてるのが多い。ウンコが付いてるのもあるから
余計に衛生的に良くないんだろうな。
[ 2013/04/22 00:47 ] [ 編集 ]

ナマナマ言うけどポーチドエッグなんて温泉卵より生っぽいよ
なんえそんなに怖がってんの?よっぽど衛生環境悪いんだね
[ 2013/04/22 01:01 ] [ 編集 ]

さんまの名探偵

TPP参加で生卵食えなくならないか心配
[ 2013/04/22 01:30 ] [ 編集 ]

>ナマナマ言うけどポーチドエッグなんて温泉卵より生っぽいよ

実際、アメリカではサルモネラ中毒が後を絶たない。だから日本以上に心配してるわけ。
半生が一番やばいんだよね。
[ 2013/04/22 01:37 ] [ 編集 ]

しかし最も消化吸収が良いのが半生状態だという矛盾。
[ 2013/04/22 02:04 ] [ 編集 ]

きっと日本人が美味しくいただける卵の温度がサルモネラちゃんは大嫌いなのさ
[ 2013/04/22 10:45 ] [ 編集 ]

いや、その温度だと大繁殖する温度。
[ 2013/04/22 14:00 ] [ 編集 ]

いわゆる常温が一番繁殖するね。だから冷蔵庫から出してすぐに食べなければならない。
食道なんかでよく発生するのは、事前に準備しておいてテーブルに何時間も置きっぱなしになってるから。
[ 2013/04/22 14:19 ] [ 編集 ]

料理人の間では神奈川の~市の卵は良品質で有名なのに「鶏肉」のほうはブランドないんだよなぁ・・
岩手とか日向とかうこっけいとか 卵も鶏も大好きなので残念。
[ 2013/04/22 14:34 ] [ 編集 ]

抗生物質をMAXまで入れた生卵の消費期限は約六ヶ月だよ
海外では普通に販売してるし
俺は絶対に買わないけどね
[ 2013/04/22 14:43 ] [ 編集 ]

日本の卵は生でも食えるように調整されていると聞いた事がある
[ 2013/04/22 14:56 ] [ 編集 ]

海外で売られてる卵の賞味期限が長いのは、火をがっつり通すのを前提としているから。
ただし冷蔵庫にちゃんと入れていても賞味期限前半で食べることをお勧めします。

日本の賞味期限は、生で食べられる期間を想定。
ただしちゃんと冷蔵庫に入れていたのなら1・2日ぐらい過ぎてもどうということはない。
[ 2013/04/22 15:56 ] [ 編集 ]

お約束のアホな賞味期限厨ウザ
あんなもん、たいした意味はねーよ
実際、半年前の卵を出荷した業者がいたが腹壊した奴もいねーし
割った時に黄身の周りが盛りあっがてるのがまだ新鮮な目安と言われているが
2週間後の卵だって盛り上がってるし
[ 2013/04/22 17:47 ] [ 編集 ]

>実は日本の卵が安全なのは餌に抗生物質を入れてるからだよね。
これです、ハイ
[ 2013/04/22 17:49 ] [ 編集 ]

卵うまうま
[ 2013/04/22 17:58 ] [ 編集 ]

黄身の色だけじゃなく、殻も色付きの方をありがたがる風潮があるみたいで
先日仕事で都内に行った時、立ち寄ったどこのスーパーでも茶色い卵が割高で売ってたのは笑た
あんなもん人でいったら色白か色黒かの違いくらいしかないのに
[ 2013/04/22 18:08 ] [ 編集 ]

ところで温泉卵って海外にもあるの?
[ 2013/04/22 18:58 ] [ 編集 ]

鶏舎にサルモネラ菌いなかったけどな~
鶏舎も3回ぐらいは殺菌、消毒するし、
注射、鶏痘は肝臓系、インフルエンザも2,3回する。
ひよこからだと5回ぐらい注射する。
[ 2013/04/22 19:38 ] [ 編集 ]

あと有精卵も数ヶ月外気と同じ温度でも
あるていど殻に湿度があればちゃんとひよこが生まれる。
生まれる率は変動するけど。
[ 2013/04/22 20:13 ] [ 編集 ]

黄身を黄色くするために餌にパプリカとか混ぜてんだよね
日本人は黄色いのが好きな人が多いから
[ 2013/04/22 22:56 ] [ 編集 ]

幼少時より、すでに半世紀以上生卵を食べてるが、「割った時に黄身がつぶれたら古いから生は
やめておけ....」という、母の言いつけを守るだけで、ただの一度も生卵でお腹を壊した事などありません。
生卵が危険だなんてつい最近知ったことで、卵は基本安全だと信じ込んでおりました。
まあ、それで問題無かったわけだからね。 最近のスーパー売り卵の殻の薄さは何とも....まがい物雰囲気で
どうにも我慢できないですね。
[ 2013/04/22 23:24 ] [ 編集 ]

日本では50年前くらいに卵の食中毒が問題視されて、衛生管理が厳しくなり安全になったらしいよ。
透明パックで封をするようになったしね。
アメリカとか、パックを開けて割れていないか撫で回してから買うレベルだから、外も中もすごい汚いよ。
[ 2013/04/23 16:44 ] [ 編集 ]

卵の殻に菌がついてるのとは別に
最近の研究で、黄身の中に菌がいるってのがわかったんだよ
日本人は歴史的に卵をよく食べていたから、それの抗体を持っているんだけど
西洋人は持ってない人が多いみたいで、ちょっと前に話題になったらしいよ

>ロシア人が狂った卵のむき方をやってるんだけど、知ってる?
どんなのだ?
[ 2013/04/24 22:27 ] [ 編集 ]

黄身のオレンジは餌の色
生で黄身がプルンと盛り上がるのはそういう種類だから
殻の色が白いのもそういう種類だから
他に茶とかピンクがあって茶には斑点あるものもある
鶏の種類はアメリカの業者に発注して造ってもらう基部通りのデザインが出来るそうだ←遺伝子操作か?
ちなみに一般家庭で卵かけご飯を安全に食べられるのは日本だけじゃないかな
[ 2013/04/27 00:34 ] [ 編集 ]

黄身の色は餌の色


餌にパプリカや唐辛子を入れれば赤っぽくなる
[ 2014/07/15 18:52 ] [ 編集 ]

上手な茹で卵の作り方

①少し古くなった卵を使う。(卵内部の炭酸ガスが多くたまっており、剥きやすい)
②卵のお尻側に少しヒビを入れる。(茹でてる間にガスが抜けて剥きやすくなる)
③冷蔵庫から出した卵を常温に戻さずそのまま鍋の水の中に入れる。(卵と水の温度差が少なく割れにくい)
④卵を入れてから火をつけ、酢を少々入れる。(卵の割れ防止)
⑤茹で終わったら冷水にさらす。(急激な温度差で卵殻膜と卵白が剥離しやすい)
⑥容器に少々水を入れ、ゆで卵を入れて、蓋をして10回位軽くふりまわす。
[ 2015/12/06 15:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jipangnet.blog.fc2.com/tb.php/300-3e30131d


         

ブログパーツ