powered by 画RSS

海外:AKIRAは史上最高の作品。AKIRAの作中の光の表現について分析。海外の反応




sifuvbsdvn.pngImage form Youtube


本日はアニメ作品 AKIRAの中で表現されている「光」に着目して説明をしている動画より
海外の人々声を翻訳して海外の反応をお届け致します。
世界の人々の反応はいかがでしょうか?



引用元:AKIRA: How To Animate Light



海外の反応



海外の声

こういう動画は見ていて面白い。




海外の声

美しい。




海外の声

カウボーイビバップは最高だね。




海外の声

カウボーイビバップの回が待ち遠しいよ。




海外の声

トンでるアニメだよね。




海外の声

これはすごい動画だ・・・・




海外の声

アキラを超えるアニメはない。




海外の声

秒速5センチメートルを分析してほしいな。




海外の声

もう一度見たくなったよ。




海外の声

こういうアカデミックなアニメ分析は少ないから嬉しい。




海外の声

カウボーイビバップの分析はまだか??




海外の声

ハイクオリティな動画だな、、、




海外の声

アキラは史上最高のアニメ作品。




海外の声

塚本晋也の映画も取り上げてほしいなぁ、、、




海外の声

AKIRAに関しては非のつけようがない、、、






このような作品がまた生まれる日は来るのでしょうか、、、
ではまた!






         

    
関連記事
[ 2016/11/27 16:45 ] アニメ | TB(-) | CM(21)



AKIRAはマンガは面白かったけど、アニメは正直微妙
AIKAは好きよ(*^-^*)
[ 2016/11/27 17:10 ] [ 編集 ]

AKIRAは改訂版(BDから?)になって音楽の使い方がちょっと変わってしまったのが納得が行かない。
[ 2016/11/27 17:20 ] [ 編集 ]

プロが評価するアニメの歴史的金字塔は
シンデレラ、AKIRA、トイ・ストーリー、千と千尋の神隠しの4作品。
アニメ業界へのインパクトが絶大で影響は計り知れない。
ファン視点、興行視点、では制作における異常な凄さはわからない。
[ 2016/11/27 17:36 ] [ 編集 ]

まーた知ったかが出没してるのかw
[ 2016/11/27 17:46 ] [ 編集 ]

アニメのAKIRAの売りは声を先に録ってあとから作画するプレスコだったけど
キャラの動きがセリフの表情を拾いすぎて
まるで舞台俳優の演技みたいに大げさだった
口の動きなんか発声練習みたいにパクパクして滑稽だったし
背景とかはすごかったけど、人物がとにかく風船みたいに軽かったな
[ 2016/11/27 18:03 ] [ 編集 ]

豊洲市場の地下にはAKIRAくんの冷凍保存施設があるってキヨコが言ってた
[ 2016/11/27 18:09 ] [ 編集 ]

夢を見たの?
[ 2016/11/27 18:12 ] [ 編集 ]

無事に2020年のオリンピック開催してね。
[ 2016/11/27 18:25 ] [ 編集 ]

酸をつけろよデコ助野郎
[ 2016/11/27 18:28 ] [ 編集 ]

光の加減てばダーティペアのOPの感じ好き
[ 2016/11/27 19:00 ] [ 編集 ]

当時の技術としてはお金もかかっていてすごいってだけだからな。
[ 2016/11/27 19:53 ] [ 編集 ]

AKIRAが公開された頃にアカデミー長編アニメ映画賞部門があったら、ほぼ間違いなく受賞してただろうな。
[ 2016/11/27 20:21 ] [ 編集 ]

>AKIRAに関しては非のつけようがない、、、

おいおい・・・
「非の打ちどころがない。」と「文句のつけようがない。」
・・・の、同義語を混ぜちゃったのか?^^;
[ 2016/11/27 22:06 ] [ 編集 ]

らっせーららっせーららっせーらっせーらっせーら

当時はガキンチョだったので青森のねぷたとかまだ知らんかったなー
[ 2016/11/27 23:42 ] [ 編集 ]

AKIRAが何でここまで成功したかっていうと
「私たちは何をしているのか」をスタッフが共有していたからに他ならない
言い換えれば、はっきりと制作における目的があったから。ただ金儲けがしたいとか、これで有名になりたいとか、そういう邪念を持った環境で作られなかった。一応どんなプロジェクトでもその目的は定めるが、大抵お題目的に決めているに過ぎず、スタッフの意思も統一できていないのが普通の中、これは凄いことだった。
なにもAKIRAに限らず、一本芯が通っている人や集団は成功しやすい。不純な動機や不明瞭な目的の元で名作は決して産まれない。
[ 2016/11/28 00:28 ] [ 編集 ]

AKIRAの作画はこの映像がわかりやすい
http://www.catsuka.com/player/mad_akira
今では1本の作品にこれだけのアニメーターを揃えるのは極めて困難
[ 2016/11/28 01:46 ] [ 編集 ]

アメリカの今のアニメーターたちの多くは、AKIRAを見てアニメーターになろうと決心した人が多いよ。
それほど影響力が大きいアニメ。
[ 2016/11/28 10:04 ] [ 編集 ]

アートとアニメーションの垣根が低い欧米の方がこういうアカデミックなアプローチが多いよね
アートが生活に身近にあるからだと思うけど
サブカルやオタで思考停止する日本とはえらい違い
[ 2016/11/28 12:05 ] [ 編集 ]

すべて人の手で描いてるのがまた凄い
[ 2016/11/28 14:36 ] [ 編集 ]

30年たった今の視点でAKIRAの凄さを理解しようとしても難しい やはり当時としてのエポックメイキングなところを検証しないと
[ 2016/11/28 17:17 ] [ 編集 ]

当時からしても、国内ではそんなエポックメイキングでも無いような
akira以前と以降で変わった事なんて無いしな
アニメは子供向けという認識の海外では、いきなりバイオレンスと媚びてない絵柄(しかも錬度が高い)
でショックはあったんだろうけど

[ 2016/11/29 21:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

         

ブログパーツ