powered by 画RSS

理解を超えている。。日本のダンスの世界。






aj.jpg



先日、日本の特徴的な舞台文化について、歌舞伎の女形宝塚をとりあげました。
能の反応をと考えていた矢先、こちらが目につきましたので、ご紹介します。

土方巽を中心として発展した、暗黒舞踏と呼ばれる現代舞踏です。
ドイツのダンスに祖があると言われていますが、現代では日本独特の踊りとして
界隈では人気があります。
ではご紹介します。

Butoh - Hijikata Tatsumi choreography




Hijikata Tatsumi / Hosotan



・土方さんは本当の暗黒舞踏(ダンス オブ ダークネス)の師だ。+9

・信じられない! もっと投稿してくれ!+6

・新種のゾンビが世界を征服しようとしている。

・素晴らしい!

・美しいビデオだ。まるで19世紀のようだ。

・こわっ

・胸が悪くなる虫みたいだ。。。 好きだよ、こういうの

・天才!!!

・アメリカのMOMIXは間違いなくこの舞踏に影響されている!

・ただのダンサーじゃない。創始者だ。

・この創始者に関して言えば、自然にルーツがあるんじゃないか。とても人間的におもわれるが。

・ちょっとな。。。舞台照明がライトを付け忘れたんじゃないか?

・やばいね!まるで動く絵画のようだ!

・理解を超えている。。+3

・音楽を知りたいよ!うっとりする。

Kazuo Ohno




Kazuo Ono, The Dead Sea


・彼は彫刻のような顔をもつ生きた人形だ。こんなパフォーマンスをするのを他に観た事が無い。+32

・ビーウティーフル×10

・魂が身体を導いている!!

・神!いや女神。

・冥福あれ

・R.I.P

・魔法の世界。特徴的で、唯一の存在。

・すごい。しかしながら誤解もされるだろう。

・なんでこんなに中毒性があるんだろう!

・彼の事が大好き。涙がでる、美しすぎる。
→その気持ち、わかるよ。

・YOUTUBEの不思議な世界にまた踏み込んでしまった。

・いままででもっとも気持ち悪いぞ・・

・いったいなんなんだこれは?

・純粋な感情から導きだされる動き。

・すっごいオリジナルだね。



引用以上

如何でしたでしょうか?みなさんはご覧になったことがあるでしょうか?
私は一度、麿赤兒大駱駝艦を観に行った事が有ります。
笑いの要素もあり、とても面白かったです。

鍛錬された動きの美を観賞するのはとても楽しいですね!

個人的に、大駱駝艦の音楽がジェフミルズという、これが気になってます。
http://www.dairakudakan.com/rakudakan/data/40th_virus.html

ではまた。


海外ニュース ブログランキングへ

いつも有り難うございます。皆さまの応援がとても励みになります。






大野一雄氏が表紙のAntony and The Johnsons - The Crying Light







         

    
関連記事
[ 2012/06/29 17:04 ] 文化 | TB(0) | CM(48)



なんか、トリックに出てなかったっけ??
[ 2012/06/29 17:27 ] [ 編集 ]

サイレンだろ これ
[ 2012/06/29 17:38 ] [ 編集 ]

呪怨もこれからかな?
[ 2012/06/29 17:43 ] [ 編集 ]

初めて知りましたありがとうございます。
[ 2012/06/29 17:52 ] [ 編集 ]

サイレントヒル
動画の解像度が低いのでそれがまた良い味出してますね><
[ 2012/06/29 18:11 ] [ 編集 ]

妹がこれをやってて、だまって劇場に観に行ったら全裸で出て来たww
[ 2012/06/29 18:18 ] [ 編集 ]

俺も麿赤兒と大野さんは見たことあるな
90年代はサブカルブームだったから暗黒舞踏とかアングラ劇団とかよく公演してたよなあ
[ 2012/06/29 18:49 ] [ 編集 ]

>妹がこれをやってて、だまって劇場に観に行ったら全裸で出て来たww
なぜ俺を誘ってくれなかったのか?
[ 2012/06/29 18:52 ] [ 編集 ]

大学の時に好きだった子がこれやってたわ
当然俺はどん引きだったw
[ 2012/06/29 20:08 ] [ 編集 ]

キショい。
何だこれ
[ 2012/06/29 20:28 ] [ 編集 ]

こわっ  だが最後の音楽は良いな。
[ 2012/06/29 20:33 ] [ 編集 ]

ふた昔前のサブカルブームの時に
メディア露出が多かった山海塾
[ 2012/06/29 21:00 ] [ 編集 ]

大野一雄さんの表現力は凄まじいわ

昔TVでやってるの見て衝撃うけたな

[ 2012/06/29 21:08 ] [ 編集 ]

地獄で餓鬼が踊ってるように見える
[ 2012/06/29 21:26 ] [ 編集 ]

山海塾の名前と雰囲気だけ知ってる
[ 2012/06/29 21:43 ] [ 編集 ]

全裸の妹が見れると聞きまして・・・
[ 2012/06/29 22:16 ] [ 編集 ]

ただただ不気味w
[ 2012/06/29 23:08 ] [ 編集 ]

う・・・美しい


という感性が分からんw
単にキショイw芸術を理解するのは難しいww
[ 2012/06/29 23:19 ] [ 編集 ]

幽けさと奥深さが感じられる、正に幽玄の美というべきか。
こういうのは嫌いじゃないな。
[ 2012/06/29 23:22 ] [ 編集 ]

こういう独自文化を次々と生み出し続ける日本

歴史も文化も何もない劣等民族の朝鮮猿が、常に日本に嫉妬し続けるのも当然な気がする

そして結局チョンに出来ることは、無様なウリナラ起源捏造だけということにw
[ 2012/06/29 23:50 ] [ 編集 ]

>>こういう独自文化を次々と生み出し続ける日本
前衛はロシアが先駆者

もちろん前衛は日本の文化ではない





[ 2012/06/30 03:37 ] [ 編集 ]

誰も見たくないだろ、怖すぎる
魅せつける類のモノ何だろうけどさ
[ 2012/06/30 04:04 ] [ 編集 ]

なんかエガちゃんみたいで面白かったw
[ 2012/06/30 07:34 ] [ 編集 ]

>もちろん前衛は日本の文化ではない
結果的に前衛のカテゴリに入ってるだけで暗黒舞踏は日本舞踊からの派生だぞ
[ 2012/06/30 09:20 ] [ 編集 ]

 

昔の美大の門前で、入学式当日に暗黒舞踏の人がいて
コレやってるんだったよな。

今日から美大生です、っていう赤ら顔の新入生に対し
「これが芸術だオラァ!」
っていう威嚇とエールを込めてwww
[ 2012/06/30 10:55 ] [ 編集 ]

友人がNYに遊びに行っていた時になぜか現地の白虎社の舞台に立ち、白塗り全裸で側転決めてきたらしい。意味が分からん。
[ 2012/06/30 13:48 ] [ 編集 ]

>前衛はロシアが先駆者
>もちろん前衛は日本の文化ではない

暗黒舞踏は海外じゃBUTHOで前衛舞踊とは別のカテゴリだよ。
日本人や多分やってる本人達も前衛舞踊だと思ってタカもしれないんだけど、海外に出ちゃったら「いや、これは別でしょ」って感じで分けられちゃったw
[ 2012/07/01 11:19 ] [ 編集 ]

最後のアントニー&ザ・ジョンソンズのアルバムジャケットに大野さんの写真が使われて
海外で評価されてるね!

ヨーロッパの大学では彼の舞踏を扱った学科が有ることを考えると日本でも評価されて
いいのでは!?
[ 2012/07/01 14:26 ] [ 編集 ]

怖過ぎワロタwww
[ 2012/07/04 23:07 ] [ 編集 ]

ぱっと見できもいけど、雰囲気が不気味なだけであって、動き自体はすごく人間的なんだね。
いわゆるダンスと少し違って、煌びやかなパフォーマンスを用いず、とても自然体な動きになっている。
演劇や能、歌舞伎ほどのメリハリや派手さが無い感じで、どちらかというと狂言のような印象を受ける。
より不完全さを残した世界。
[ 2012/07/14 22:45 ] [ 編集 ]

とても原始的な動き
海獣の子供みたいな
[ 2012/09/26 20:27 ] [ 編集 ]

むっちゃ怖いけどむっちゃエロい
[ 2012/10/15 21:58 ] [ 編集 ]

大野一雄も土方巽も亡き現在は、田中みんさんの舞踏を観ておいたほうがいい!!
[ 2012/11/02 13:15 ] [ 編集 ]

福士正一をNHKで見て、すごく好きになったな
大野一雄は亡くなった時に特集を見れて幸運(?)だった

最初は怖いもの見たさ、の感覚なんだけど、だんだんと踊り手の優しさが溢れて見えて目が離せなくなる
山海塾は常にキャッチーで好き
[ 2012/11/14 02:03 ] [ 編集 ]

初めて見ました。
とても豊かな精神性を感じました。
微かに感動出来た事がまだ自分も
少しはましなのかなと思います。
この人が多分別格なんだろうと
思いますが、他の方でこの方の
ように孤独に打ち込んできた方
のものなら見てみたいです。
[ 2012/11/16 21:42 ] [ 編集 ]

麿赤兒さんって、昔タモリ倶楽部でコーナー持ってなかったっけ?
なんか古びたアパートの前で踊ってるの
記憶違い?誰かエロい人教えれ
[ 2012/11/29 17:49 ] [ 編集 ]

美術と芸術は違うものだとはっきり教えてくれるな
まぁ舞踊は美術のカテゴリーには入らないけど
敢えて言うなら、この人達が芸術品で舞台が芸術作品になるのかな
[ 2013/02/09 21:50 ] [ 編集 ]

かなり前の芸術新潮の土方巽の特集みつけて指先とかに見惚れたことあるな…
[ 2013/03/05 16:15 ] [ 編集 ]

20年くらい前、桜まっさかりの上野公園でギリヤーク尼ヶ崎のパフォーマンスを見た。
不思議なくらい引き込まれた。
[ 2013/04/01 18:00 ] [ 編集 ]

理性プッツンさせて遊んでるようにしか見えない
[ 2013/05/29 23:30 ] [ 編集 ]

全然良さがわかんねぇ。
[ 2013/06/01 20:06 ] [ 編集 ]

大森南朋と大森立嗣(監督)の父ちゃん
[ 2013/07/22 18:10 ] [ 編集 ]

大野一雄さんを知ったのは大学のときで、かれこれ20年前になるけど、へぇ、君、函館出身
なんだ、大野一雄と同郷なんだな、と教えてくれた西大條先輩、元気ですか?

その後、彼の生の舞踏を1回だけ間近で観たことがあって、なぜか体の震えがとまらなかった。
すごかった。ご冥福をお祈りします。
[ 2013/11/16 23:32 ] [ 編集 ]

たまにエロさを前面に押し出したのがあるけどそれは好き
あと舞踏の人がやる暗黒舞踏じゃない普通のダンスも良い
[ 2013/11/27 22:54 ] [ 編集 ]

いろいろ取り繕ってるものを剥ぎ取った生の部分って感じだな
[ 2014/06/07 05:42 ] [ 編集 ]

刺激で溢れる環境の中で葛藤に気づくことがない心理とその結末を
体で表現した方が人気出るんじゃないか今は
知らないけど
[ 2014/08/27 23:06 ] [ 編集 ]

サッカーの試合で日本相手に年に1度は何かしらやらかしてる。
横断幕。猿まね。
[ 2014/10/04 22:38 ] [ 編集 ]

不気味だが何故か見入ってしまう
[ 2015/02/17 18:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jipangnet.blog.fc2.com/tb.php/31-248ad199


         

ブログパーツ