powered by 画RSS

[ ● ] 上手いのか、下手なのか分からんなww 慶大、書道スキルを記録し、ロボットで再現できるシステムを開発 海外の反応




aihisaichi.jpg


書道。


wikipediaによると、

書くことで文字の美を表そうとする東洋の造形芸術である。カリグラフィーの一種。中国が起源であるが、日本においては漢字から派生した仮名、ベトナムではチュノムなどが発明され、それぞれ独自の領域での創作も行われている。

とあります。
本日は、慶応義塾大学が開発した、
人が書いた書道を完璧にコピー出来るロボットの反応をお届け致します。

世界の人々の反応は如何でしょうか。


慶大、書道スキルを記録し、ロボットで再現できるシステムを開発






・これは凄い。





・芸術は人間のもの!
 ロボットはこのような事をするべきでない!





_それは人間のエゴというべきもの。





_芸術は感情と感覚でうまれるもの。
 ロボット派はそれをもたない。





・思った程、上手くないな!





・マネ出来てないと思うが。





・地味だが結構難しいと思うぞ。





・そして今度はフォースフィードバック付きの手を開発しないとな。





・何の意味があるの?





・いつものナレーションの人どこ?





・すごい!!





・日本の友達に言わなきゃ!
 書道の仕事を探していたんだけど、そのうち職を失うって。





・なんで、この2つのステップを分けないといけないんだろう。





・愛! ほんとうに愛らしい愛!





_いや、歪んだ愛だ。





_僕が書いた文字をトレースしたのかな?





・この技術は、もっと他に使える場面があるとおもうぞ。





・彼らは、この技術を使って、この製品を発売する気はないんだ。
 このヘンテコなロボットは、もっと進んだ技術の発達の為に役立てられる。

 ロボットの動きを良くし、早く正確に動かせる様にする。
 そして、あらゆるロボットの発展にこの知識が役立てられるんだ。





・もっとも上手い文字を見たいんだが。。





・伝統を守る為には良いと思うけどな。





・達人の文字がいくらでも複製出来るのは凄い事だな。





・油絵とかも全て再現出来たら凄いな。






確かに、水墨画なども再現出来る様になれば素晴らしいですね。
様々なシーンに使えそうな技術です。

ではまた!

         

    
関連記事
[ 2013/09/23 23:13 ] 科学 | TB(0) | CM(30)



もっと字うまい人いなかったのかな。。
[ 2013/09/23 23:44 ] [ 編集 ]

動画見た感じでは、まだ出来るのは全く同じ墨・筆の場合の全く同じ動きだけで、
実際には気温湿度で墨筆紙の堅さとか状態も違うから、
その場に合わせる人のやる事までは難しいんでは?と思う。
抜いたりかすれさせたり滲ませたりってその場の判断って部分もあるし。

書家の技の動態保存よりは、「筆跡鑑定」に使えそうな気もする。
[ 2013/09/23 23:50 ] [ 編集 ]

墨の量や筆先の乱れ加減も人は計算して書いてるが
その再現はまだだな
[ 2013/09/23 23:58 ] [ 編集 ]

これ1年前の動画か。
何日か前にテレビでこの機械が紹介されてたけど、無茶苦茶進化してたぞ
[ 2013/09/24 00:04 ] [ 編集 ]

あと、筆先をいつ揃えるかなんてのは
リズムある人ならソフトがリズム覚えるまで入力しないといけない。

まだまだこれからの技術だろうが、地道に蓄積していってほしいな。
[ 2013/09/24 00:05 ] [ 編集 ]

まだまだこれからどころか、あっという間に進化してるよ。

君達がこんなところで知った風にコメントしてる内にねw
[ 2013/09/24 00:15 ] [ 編集 ]

別に書道なのはデモンストレーションであって、目的じゃないんだってば。
[ 2013/09/24 00:20 ] [ 編集 ]

あの筆で俺の乳首さわさわして欲しいお
[ 2013/09/24 00:26 ] [ 編集 ]

これちょうど昨日の番組で出てたよ
[ 2013/09/24 00:37 ] [ 編集 ]

>あっという間に進化してるよ。

だったら、喜ばしいな。勉強不足でゴメンなさい。
とりあえず今需要無くなったんで置いておこうって技術が保存されるといいなぁ、と思う。
結果を再現は可能だが、「当時どうやったのかワカラン」ってのもけっこうあるし。
[ 2013/09/24 00:42 ] [ 編集 ]

毛先の状態(先割れ具合)によってその都度筆運びは変わるだろ。
[ 2013/09/24 00:43 ] [ 編集 ]

>あの筆で俺の乳首さわさわして欲しいお

あの歌舞伎町No.1嬢の筆圧を再現!
なんていうのが通販で売られる日が来るんですね

こういう技術だってそのうち人型ロボットに搭載されるようになって、
決まったフォントではない、「生」の字を書けるようになってくんだろうね
面白い
[ 2013/09/24 00:58 ] [ 編集 ]

そういえば学天則も一応字が書けたんだっけ。
[ 2013/09/24 00:58 ] [ 編集 ]

>毛先の状態(先割れ具合)によってその都度筆運びは変わるだろ。

どんなに粗く作っても、筆は生き物なんで幼年期・少年期・思春期・成年期・壮年期・晩年がある。
同じ状態を保てない=死亡って思う人もあるわけで・・・

使い慣れた筆捨てるって悲しいよ。マジ泣きする。
[ 2013/09/24 00:58 ] [ 編集 ]

くだらないな
機械に人間の真似をさせるべきじゃない
[ 2013/09/24 01:09 ] [ 編集 ]

江戸時代の文字を書くカラクリ人形の方がよっぽど上手い字を書いてたな。
[ 2013/09/24 01:24 ] [ 編集 ]

真似じゃなくモーションの記録だろ
録音や録画と同じ
[ 2013/09/24 01:29 ] [ 編集 ]

技術の継承に繋がるのか
最終的には小型化し人間の手に近い感覚になり職人の技を教えこむ
視覚聴覚味覚嗅覚触覚どんどん進化してくね
五感だけじゃ駄目なような気もするが
ロボット化IT化で効率化が進み人間の肉体労働は減ってくね
少子化にとってはいいことなんかな
人口を無理して維持するより科学の進化とバランスにあわせてるというかなんというか
[ 2013/09/24 02:16 ] [ 編集 ]

>>くだらないな
機械に人間の真似をさせるべきじゃない


くだらないのはお前だ
どんな技術でも高めていくことでいろいろな部分に応用していけるようになるんだろ
理由もなしに単に人間の真似させてるわけじゃねえよ
[ 2013/09/24 04:05 ] [ 編集 ]

いつかは戒名もオリジナルの書で、という目標があってもいいな。
しかし、字が下手すぎる。筆の特性を知らない。素人の筆ペンのレベル。
デモンストレーションするなら日本代表としてもうちょっと考えてほしい。
[ 2013/09/24 04:24 ] [ 編集 ]

筆を立てたままなのは書く人の自由だけど、
それでも筆の角度も動くようにしないと。
筆先が紙から離れたときも意味があるんだから。
[ 2013/09/24 04:29 ] [ 編集 ]

達人の技の再現はいいが、達人の技の入力がすげー難しそうだぞこれ。
[ 2013/09/24 05:49 ] [ 編集 ]

こんなの始めたら、伝統工芸士が死ぬだろーが
[ 2013/09/24 06:16 ] [ 編集 ]

すごいなw昔こち亀でこんな機械が登場してた。
[ 2013/09/24 07:50 ] [ 編集 ]

少なくともオレのまわりのヤツより巧いな
王羲之の蘭亭序を何十万回でもやらせてみろ
[ 2013/09/24 08:25 ] [ 編集 ]

この手の話になると必ず
何の意味があるの?って書き込みがなされるけど
別に書道に特化したロボットを最終的に作りたいわけじゃなくて
これらの技術が次の何かの応用になるって
どうして考えられないんだろう?
不思議。
[ 2013/09/24 09:47 ] [ 編集 ]

>別に書道に特化したロボットを最終的に作りたいわけじゃなくて
>これらの技術が次の何かの応用になるって
>どうして考えられないんだろう?

最終的にコレを作りたいから、前の技術を応用してこれを作ったんだよ
ASIMOみたいな新機軸の駆動系やAB開発じゃあるまいし
これ作って何処の部分に特許とれんだよw
これは既存の技術の組み立て
[ 2013/09/24 10:31 ] [ 編集 ]

 

何の意味があるかというと、文字通り人間の次世代を作るという所に最終的にはつながる
人間が生きて死ぬのに唯一意味があるとしたらそこ

何時か何れか、物理的遺伝過程よりもさらに高度なミームによるロジカルな進化を行う知性体が誕生する(で、機械生命が今一番熱い)
人類はそこに至る為の重要なマイルストーン

より健やかで理知的で安定した全能知性体に早く支配されたい!!
[ 2013/09/24 16:01 ] [ 編集 ]

マスタースレーブシステムって聞くとアームスレイブを思い出すよな。
いつかはロボットの操縦に応用されんだろうな。
[ 2013/09/27 07:10 ] [ 編集 ]

外国人のコメントがトンチンカンだな
[ 2013/09/27 14:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jipangnet.blog.fc2.com/tb.php/515-074bfa4c


         

ブログパーツ