powered by 画RSS

あぁ面白いわ。落語を英語で披露してみたらこうなった。 海外の反応




20120309rakugo2.jpg



落語。

江戸時代の日本で成立し、現在まで伝承されている話芸の一つです。
本日はその落語を英語で披露している動画とその英語コメントを翻訳して海外の反応をお届け致します。

世界の人々の反応はいかがでしょうか?


Rakugo in English-Zoo by Kimie Oshima






・JIGIMEN JIGIMEN(じゅげむ、じゅげむ?)





・Mr.Hasegawa て聞いたとき、椅子からジャンプしかけたw





・話し家として生まれた人。





・とっても可愛い女性!





・駄洒落はあまり面白くなかったけど、
 話し方や面白く、エンタテイメントだった!





・しろくまカフェみたい!





・日本で落語行ったとき、言葉が分からなかったから、
 寝ちゃった。。





・おじいちゃんのユーモアが最高だったね。





・アメリカは立って行いコメディ。
 日本は座って。なんか納得。





・じょしらくらくでここに来た。





・なんにも予備知識なしだけど、面白かった!
 座って行うコメディは興味深いね。





・ありがとう!素晴らしい噺家さんだ!





・面白いね!最高!





・じょしらく好きのひとだらけだw





・最後にフライドチキンを持ってくるべき!





・彼女の英語は素晴らしいな。





・人の心を上手く惹きつける話し方。





・めっちゃ面白いね!





・タイミングが完全にシンクロしている。





・私もじょしらくからここに。。。





言語を変えても、きちんと笑いが起きている事は、
本当に素晴らしい事ですね。
他の作品も英語で聞いてみたくなりました。
ではまた!

         

    
関連記事
[ 2014/01/20 22:45 ] 文化 | TB(0) | CM(40)



枝雀師匠ェ…
[ 2014/01/20 23:36 ] [ 編集 ]

枝雀さんを思い出す。
[ 2014/01/20 23:38 ] [ 編集 ]

枝雀師匠もやってたけど英語落語で『動物園』はやりやすいのかな
まあ日本人でも説明しなきゃわからない用語も出てこないし
動物園は世界中どこでもあるから理解されやすいんだろな
[ 2014/01/20 23:43 ] [ 編集 ]

虎の噺はイマイチだったけど長谷川さんがアレの真似が上手いのはそういうわけなのねって感心した。
あと落語独特の間って言語に関係なく客を引き付けるんだなと思ったわ。興味深い翻訳ありがとう。
[ 2014/01/20 23:46 ] [ 編集 ]

返せ〜!
[ 2014/01/20 23:55 ] [ 編集 ]

落語を始めて聴いたけど面白いのな
[ 2014/01/21 00:02 ] [ 編集 ]

気になってるんだけど
日本語の語順ってかなり自由じゃない?
それって翻訳時に問題にならんのだろうか
意味の通る文章にしようとしたらオチの単語が一番前に来ちゃったとか
[ 2014/01/21 00:02 ] [ 編集 ]

コメントのじょしらく率の高さはなんなんだw
あれ落語なんかやってないだろw
[ 2014/01/21 00:04 ] [ 編集 ]

みょーにクセになる動画ですね
小噺のオチのところとか、長谷川さんの返答のところとか、間合いが気持ちよいw
[ 2014/01/21 00:15 ] [ 編集 ]

枝雀師匠のやつも見てみたけど同じ話でも面白く感じた。
[ 2014/01/21 00:16 ] [ 編集 ]

そのまま英訳したらネタバレ続出で面白くないだろうね。
あと、男と女を取り違えることで成立する噺も難しい。
英語だとhe/his、she/her で性を明確にするから、スケベ心で失敗するというパターンがやりにくい。
[ 2014/01/21 00:25 ] [ 編集 ]

まったく同じ話でもすごく面白い場合とつまらない場合がある
上手い話し方を学ぶためにも一度見に行くべき
話自体はよく考えるとそこまで面白いものでもない
[ 2014/01/21 00:45 ] [ 編集 ]

枝雀師匠を思い出すなぁ。
あの人は英語落語もぶっ飛んでいて珠玉だった。
[ 2014/01/21 00:48 ] [ 編集 ]

なんとなく最後まで見ちまったが・・・いまいち・・
ピークは、水溜りで魚釣ってる老人のオチのところだったな・・・
[ 2014/01/21 02:01 ] [ 編集 ]

基本的に枝雀スタイルだったな。

この「動物園」ってのはもともとがイギリスの短編小説だから
外国人にわかりやすいんよ。
[ 2014/01/21 03:46 ] [ 編集 ]

演劇の面白さがあるよね
[ 2014/01/21 04:40 ] [ 編集 ]

桂枝雀の英語落語に感化されて、弟子になったアメリカ人がいたな
[ 2014/01/21 04:44 ] [ 編集 ]

う~ん、話の内容と組み立てはイマイチ。イントロが長すぎるね。それにオペラグラスのところやガキのくだりは面白くないね。でも釣りのところはいい。外国人にはこういう意外性のあるショート・ショートをまとめたような話がいいと思うね。あと 身振り手振りと顔の表情はとても上手だ。
[ 2014/01/21 07:04 ] [ 編集 ]

[ 2014/01/21 00:04 ] -
あーでも、結構落語のネタ混じってたりするぜ。
凄く細かいところで小さく混じってる程度だけど、毎回少しずつ落語ネタが混じってたりしてる。

まぁ、本当に? って言われたらココが落語ネタだよーと指摘できるほどのものじゃないけどな
[ 2014/01/21 07:11 ] [ 編集 ]

彼女は博士号を持った大学の先生でもあります。
[ 2014/01/21 07:25 ] [ 編集 ]

コメディと言うより、一人芝居に近いと思うが・・・。
[ 2014/01/21 08:38 ] [ 編集 ]

さあ落語に興味持ったらyoutubeを漁るんだ
とりあえずみどりの窓口でもどうぞ
[ 2014/01/21 09:44 ] [ 編集 ]

イギリス人女性落語家のダイアン吉日も英語落語をやってるね
寅さんみたいに「故あって、わたくし、親分一家持ちません」だけど
桂三枝に指導を受けている
[ 2014/01/21 09:47 ] [ 編集 ]

ダイアローグが「パラッパラッパー」みたいで楽しかったです
[ 2014/01/21 10:49 ] [ 編集 ]

噺の方が圧倒的にツマラナイ件
[ 2014/01/21 11:29 ] [ 編集 ]

これは嬉しい題材の翻訳。落語が通じる物なのか気になってた。
英語落語シリーズやってほしい。
[ 2014/01/21 11:55 ] [ 編集 ]

もっとお面白い落語あるのに何でこんなの選んだんだ
[ 2014/01/21 13:19 ] [ 編集 ]

「じょしらく」って、あれホントに外人に受けてたのかな
でも、やっぱり落語で受けてたわけじゃ無いんだろうな
[ 2014/01/21 13:21 ] [ 編集 ]

じょしらく好きすぎて日本に聖地巡礼に来た韓国人男性もいるぐらいだから、それなりに人気あったんだろね
[ 2014/01/21 16:41 ] [ 編集 ]

落ちがすごくすごくよかった。PCの前で拍手しちゃった。
[ 2014/01/21 17:09 ] [ 編集 ]

落語って駄洒落がけっこうある気がするんだが、あれって英語ではどうしてるんだろうな
[ 2014/01/21 17:36 ] [ 編集 ]

初めて見たけど、おもしろかった
最後のオチでめっちゃ笑ってしまったよw
長谷川さんでよかったwww
[ 2014/01/21 17:52 ] [ 編集 ]

じょしらくはファンサブも難しがってたからね
落語がどういったものかわかって貰うにはいい機会だ
[ 2014/01/21 19:37 ] [ 編集 ]

英語苦手なのに、楽しく観れたよ!
素晴らしいね!!
[ 2014/01/21 20:34 ] [ 編集 ]

日本人にとってはものすごく聞きやすい英語。
[ 2014/01/21 20:47 ] [ 編集 ]

蕎麦を啜る音についてはどう思うんかな?

日本人からしてみればうまそうだとか思うものだが……
[ 2014/01/21 22:35 ] [ 編集 ]

>・しろくまカフェみたい!

ペンギンさんよかったね
耳を傾けてくれていた人がいてw
[ 2014/01/22 00:59 ] [ 編集 ]

わかりやすいネタっていうと
死神も外人にはわかりやすいと聞いた
死神の概念が向こうにもあるから
まあ落語を英語で外人に分かるようにしても
面白さがガッツリ損なわれる気がする
[ 2014/01/22 20:41 ] [ 編集 ]

爆弾テロのくだりでダダ滑りやないかwww
[ 2014/01/24 00:00 ] [ 編集 ]

英語でもダジャレ通用するんだね。飛ぶチキンじゃなくて揚げたチキンだって
[ 2015/07/27 16:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jipangnet.blog.fc2.com/tb.php/690-b428ccc5


         

ブログパーツ